So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

濃いゴシップからさっぱりポン酢 [グルメ]


今夜の「マツコの知らない世界(TBS)」の第1部はインスタ女王の渡辺直美さんによる「ゴシップ」話題の濃さに、アメリカという国の「クレイジー」さと「心の広さ」のギャップの葛藤にとても疲れを感じた。

日本では芸能人の「スキャンダル」は一生涯の「失敗」に匹敵するほどの破壊力を持つのに対し、アメリカでは「スタンディングオベーション」で「あいつはスゲェ!」と受け入れられて大ヒットへつながるという、日本とは真逆の芸能界の話題がとても濃かった。

その第2部は「さっぱり」とした「ポン酢」。

ガイドを務めたのが、藤島琴弥(ふじしまことみ)さん40歳の女性で、10年間365日「ポン酢」を食べ続けているという。

あまりに「さっぱり」とした「ポン酢」は、現在では3000種類もあるそうだ。

そして藤島さんが1000種類の中から厳選5種の「ポン酢」は以下の通り。
5位:「優しい」柑橘系が香る「いしりポン酢(石川県)」による炊き込みご飯。マツコさんは美味しいと絶賛。
4位:ライフセーバーが生産する「塩守の塩ぽん(島根県)」。ポテトサラダに混ぜるだけで「美味しゅうございます」。
3位:「会津天宝みそポン酢(福島県)」の手羽煮。「これは美味しい」。
2位:「黒豆ポン酢ゆず仕込み(京都)」。「ツーン」としない究極の「まろやかさ」で、ほんのり香るそうで「素うどん」をかきこんでもムセナイラシイ。
1位:「特選すだちポン酢(和歌山県)」。ポン酢に興味が無いというマツコさんの「美味しい」という言葉に、藤島さんはうれし涙を見せた。

明日はいくつかのポン酢がスーパーから売り切れになりそうだ。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

伝説の予言者が田中みな実アナの運命の男性を鑑定 [テレビ]


今夜の「芸能人の金銭感覚を調査SP(フジテレビ)」では、今年30歳の田中みな実フリーアナの私生活に迫った。

プライベートの手帳には「びっしり」と予定を埋める田中みな実アナ。その日の仕事と仕事のあいま、わずか4時間の中に、プライベート自分磨きとして、美容室、ヨガ、美尻トレーニングという3つの予定を詰め込んでいた。

友達はドタキャンするが、美容室などの予定は「決して裏切らない」と意味深なコメントを残した田中みな実アナ。

そんな田中みな実アナが、大の仲良しだという前田敦子さんと「占い」の約束で待ち合わせをした。

現在、占いの予約が2か月待ちだという男性鑑定士の「はる」さんが登場した。

沖縄では「ユタ」と呼ばれる霊媒師で、ロンブー淳さんの結婚をピタリと言い当てた「伝説の予言者」なのだそうだ。

その伝説のユタが、田中みな実さんを鑑定した。

田中みな実さんにとって、今年は10年に1度の異性に出会う運気だそうで、今年12月までに10歳年上のイケメン男性に出会うという。ユタが語った詳細については、田中みな実さんは硬く口を閉ざした。

その後、同じく鑑定してもらった前田敦子さんは、5歳年上の男性に出会う運気に入っているらしい。

当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦(はっけ)の占いだが、時期と相手の年齢をこうもはっきりと語らうと…ロンブー淳さんに続いて当たりそうな予感がする。











nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

獺祭!日本酒革命のデータ化とIT時代 [テレビ]


今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は、日本酒の革命児とされる「獺祭(だっさい)」の話題。

かつて安倍首相がオバマ元米大統領にプレゼントした日本酒だけに、海外での評価も高い。


「獺祭」は、もともとの地元の山口県では「日本酒は安けりゃえぇ(良い)」という気概が強く、全くウケず、売れなかったという。


そこで、東京に住んでいる山口県出身者をターゲットに売り込んだそうだ。

「東京に住む山口県民ならば、地元の味を美味しいと飲んでくれる」当時の桜井社長(現会長)の読みは当たった。

旭酒造の売り上げは右肩上がり伸び、年間108億円の売り上げにまで成長した。


そして目立ったのはその「こだわり」。

かつて日本酒は「杜氏(とうじ)」と呼ばれる職人さんが「勘」と「経験」だけで「美味い」日本酒を作っていたのだが、これをパートの女性検査員の分析力によって、全てをデータ化した。

そして製造された日本酒の「臭い」部分など、気になる部分は徹底的に潰して販売する。

外観パッケージの売り方にまで「しつこい」狂人のような「こだわり」が、「獺祭」のブランド力を強靭に仕上げている。

「(クセのある)日本酒が嫌い」という人ほど、「獺祭」のユーザーとして大歓迎らしい。

伝統の職人技を排除するのではなく、現在のIT技術にコラボさせることで、今までにない革命的な技術へと変貌させている。

本社ビルと自宅玄関のドア1枚をまたいで、わずか5秒で出勤できるという桜井会長の「日本酒が好き」という言葉と笑顔が、「獺祭」の印象を強めた。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

土屋太鳳と片寄涼太のバレバレ [映画]


今朝のZIP(日テレ)で、大ヒット公開中の映画「兄こま」こと「兄に愛されすぎて困ってます」の、ヒット記念挨拶(7月12日、東京都内)での様子が公開された。

その際に「いまだから言える」と題されて、キャストの「告白」が披露された。

そんな中、橘はるか(兄)役の片寄涼太(かたよせりょうた)さんは、あの時は「バレバレ」だったと、片寄さんの誕生日でのエピソードを語った。

片寄さんの誕生日当日、橘せとか(妹)役の土屋太鳳さんがダダダっと片寄さんに走り寄ってきて、「ここにいた方がいいよ」と話したという。

この時点で片寄さんは「おかしいでしょ?」と当時の胸の内を声を大にして語った。

これに土屋さんは「言っていません」と反論するも、片寄さんは「マジで言った」と反論。

その後のサプライズ・バースデーケーキの記念写真が公開されたが...千葉雄大(ちばゆうだい)さんも「まさかバレバレだったとは」と驚きの表情を見せた。

さて、ヒットを続ける映画「愛されすぎて困ってます」は、本プロデューサーが、その覚え易く、聞いただけで、すぐに内容が伝わる「キャッチーなタイトル」に惚れたことが映画化のキッカケらしい。

そして、何よりもメンバーの「和気あいあい」の「仲良しの様子」が伝わってきた。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

滋賀県のお洒落な和洋菓子施設を徘徊する黒ジャージの 不審者は社長だった [注目]

今朝の「がっちりマンデー(TBS)」の話題は「その県だけの儲かりエンタメ」。

ゲストに森永卓郎さん、京都出身の吉岡里帆さんを迎えて、

和歌山県で年間1万5千人が来場する、ド派手衣装の本格カラオケ店をはじめ、様々なお店が紹介された。

滋賀県の「びわ湖バレイ」では「琵琶湖の絶景」が見渡せるテラスがあり、年間30万人が来場するという。

そんな中、同じく滋賀県のバウムクーヘンで知られる「ラ コリーナ近江八幡」店では、年間213万人が訪れるという。

緑の山を背景に、鮮やかなグリーンに包まれた三角形型の屋根の建物の中に入ると、お洒落な店内は、ところ狭しと大量の人々でにぎわう。

ふとカメラの前に、全身黒色ジャージ姿で施設の中を徘徊する、明らかに怪しいと雰囲気の不審者が目に止まった。

実はこの方、株式会社クラブハリエの代表取締役でありグランシェフである山本社長だった。

番組スタッフに「通報しましょうか?」と話しかけられた店員さんも恥ずかしそうに「ぷっ」と顔を赤めて「弊社社長ですので大丈夫です」ろ回答した。

山本社長いわく「お客様の生の声を聞きたい」という思いからの行動だそうだ。

もしも賑わう店内で、黒いジャージ姿の不審者を見つけても、すぐに通報しないでほしい。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

長瀬智也の埼玉出身女子を当てる特殊能力 [テレビ]


今夜の「櫻井・有吉THE夜会(TBS)」に出演したTOKIOの長瀬智也さんが、池袋を舞台に驚くべき能力を披露した。

長瀬智也さんは「埼玉出身」の女子が好きだという。その理由は「埼玉出身」をコンプレックスとしていて「埼玉出身」であることを言いたがらないところが「可愛い」のだと語った。

そして「埼玉出身」の女子を見て当てることができるという能力を披露した。

池袋の街を取材中に声をかけた女性二人に「出身はどこですか?」その質問に、双方共に「埼玉」と答えた。

長瀬智也さんは「やっぱり」というドヤ顔。

さらに別の二人の女性の内、アイスを食べる片方の女性だけが「埼玉出身」であると豪語した。

答えは正解だった。ちなみに隣の女性は秋田県出身で、長瀬智也さんはピタリと言い当てた。

2つの女性グループを言い当てた長瀬智也さんの自信に満ちた「特殊能力」は本物だと思えた。

ところでそんな能力を持つ長瀬智也さんに、司会の櫻井さんは(事務所の先輩である)長瀬さんに「1回でも事務所を辞めたいと思ったことはある?」と真顔で質問をした。

「う~ん」と一息ついて、長瀬智也さんは「ガチであるよ」と答えた。

過去に「アイドル的にみられる」、「会社的にはこうしなさいという制約」のプレッシャーの中、それでも「これでだめなら、どうなっても(辞めても)いいや」という思いがあったという。

長瀬智也さんらしい「ふっきり」ある「男らしさ」を今夜は見ることができた。ありがとう。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

思い入れのある着物の買取りという賢い選択 [生活]

身近にある「着物」と言えば、20歳になる娘の成人式を着飾る「人生最大の衣装」と言っても過言ではないでしょう。

そんな「大切な着物」を「価格が安いから」という理由だけで購入されるご両親は、恐らく存在しないでしょう。

その割に「人生の大切なイベント」が終了してしまった途端に「着物」を「まとう機会」はグっと減ることになってしまい、やがては身体の体型変化によって「着物の活躍する場」は完全に無くなってしまうことでしょう。

輝く一瞬が短いからこそ、その輝きは永遠に値するほどに「美しい」のかも知れないですが、とても名残惜しいのが「着物」です。

もしタンスの隅に、忘れさられてしまっている、かつては「大切だった着物」が顔をのぞかせたなら、今は「買い取り」という業者が存在するようです。

でも「着物買取」というワードでヤフー検索をしてみると、実に253万件の中から「良い業者」を探し当てる状況に陥ります。

安心してください。
もし同じような境遇の方がいらしたら、下記のサイトを覗いてみてはいかがでしょう。

最短30分という早さで、1円でも高い金額で「大切な着物」を買い取ってくれる、安心の「着物の買取り」の業者が見つかるかも知れません。

大切な瞬間の思いをまとった「着物」が、また別の誰かの大切な思い出に輝けたなら、なんて素敵なことでしょう。
着物買取のベスト3










nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ゴダイゴのミッキー吉野と呼ばれたマツコ [アニメ]

今夜の「マツコの知らない世界(TBS)」、パスタソースを堪能した後は「アニソン」の話題だった。

かつては「特別」だった「オタク」の存在は、今や時代のド真ん中に。

もはや「特別」ではなくなった「オタク」本人たちが危機感を感じていると思うと語ったマツコさん。

ゴダイゴの「銀河鉄道999」を「オシャレ」だったと語ったマツコさん、そのメンバーに「ミッキー吉野さんもいる」と思わず声を発した。

マツコさんご自身の体型、容姿、姿、形から、「ミッキー」もしくは「吉野」と呼ばれていたと、マツコさんはこぼした。

今夜は、今では「アニソン」と呼ばれ「カラオケでも歌われる」ことが当たり前になっているこの世界で、マツコさんや私が子供の頃は、もっと違う形で身の回りに存在していたアニメたちが、懐かしい記憶と共に鮮明に蘇った気がした。

そして、結成41年の時が流れ、若者からオジサンになり、今ではおじいちゃんのゴダイゴのメンバーがサプライズで集まった!

ところで、1960年代の白黒の鉄腕アトムに始まり、1970年代の宇宙戦艦ヤマト、1980年代の機動戦士ガンダムに続き、1990年代のエヴァンゲリオンはもう10年前の話になる。

「ついこの間」だった頃は、もう10年も前の出来事なのか...(時の流れのあまりの速さに...)マツコさん曰く「あっという間に死ぬぞ」。

ふと忙しく流れる毎日の時間を「貴重」だと感じた今夜にありがとう。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

う〇こを漏らしたウェアラブル社長とクラウドファインディング [注目]

今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は「儲かる予想ビジネス」がテーマだった。

アパホテルでは、スゴ腕支配人による宿泊料金設定が利益率と満室率を大きく左右し、毎日の宅配弁当(玉子屋)では、その日に売れる弁当の数を工場長が予想して製造する。取材日に実際に製造した弁当の数が61300個に対し、その日に売れたのが61811個(誤差0.1%、119個)という驚きの数字を示した。

興味がわいたのが、社長自らが「う〇こを漏らしてしまった」という恥ずかしい経験から、「排尿」と「排便」を予想して知らせる「ウェアラブル機器」であるD Freeを開発するきっかけになったという話題。恥ずかしい話を真顔で語ったのは、トリプル・ダブリュー・ジャパン㈱の中西社長。

この優れた機器は、介護施設で自ら排尿や排泄ができない人に代わって、携わるスタッフへと事前に知らせることで、紙おむつの使用量の削減にもつながっているそうだ。

ところで「クラウドファインディング」というサイトで、このトリプル・ダブリュー・ジャパン㈱を見つけた。2015年7月に、中西社長は目標資金である1200万円を得ることを実現していた。

自らの恥ずかしい体験を糧に、アイディアを創造し、その資金はネットを介して得るというビジネス実績を自ら示されていた。「できない言い訳」よりも、実現する「行動力」が奇跡を生む時代にありがとう。










nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

猫ノミクス2015年の経済効果は?兆円超え [注目]


某携帯会社のマスコットや、猫カフェ、猫グッズなど、我々の生活の周りには、ありとあらゆる「猫ちゃん」が関わっている。

空前の猫ブームに乗った「日本のネコノミクス」として、関西大学の宮本名誉教授が発表した2015年1年間の「猫」経済効果の数字は、実に2兆3千億円を超えた。

この数字は、2020年に予定している東京オリンピックの経済効果よりも、5000億円も上回るという。

インターネットのSNSでも、数々の可愛いい猫ちゃん動画の中で「猫のまるちゃん」がもたらした3億2千万回を超える再生回数が、新記録としてギネスに認定されたという。

記憶に残る「猫」の話題では「吾輩は猫である(夏目漱石)」や暴走族ネコをモチーフにした「なめ猫(1980年代)」、長寿アニメのサザエさんの「タマ」や「お魚くわえたノラ猫」など、あまりにも近い存在たちの猫。

ふと振り返れば「キャットフード」という商品も「高級感」や「品質」を押し出した付加価値の高そうな商品が店頭に並んでいる。

そんなことを知ってか知らずか、我が家でも、白い猫ちゃんが、気持ちよさそうに、くつろいでいる。

ストレスだらけの毎日の生活を「癒してくれる」猫の存在は、精神的にも金銭的にも日本を救ってくれているようだ。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | -