So-net無料ブログ作成

学校大嫌い教師だった実験でんじろう先生の職 [テレビ]


今朝の「新春しくじり駅伝6時間SP(テレ朝)」と題された番組で「楽しい実験」の「でんじろう先生」の意外な過去を知った。

でんじろう先生は学校が大嫌いだったそうだが、11年間教師をしていた過去を持つ不思議な人物だ。
子供の頃は、学校の授業についていけない、わからない、引きこもりの悪循環の生活を送っていたそうだ。その引きこもり時代に、近所でこっそり行っていた「ひとり縄文時代ごっこ」で「ものづくり」の楽しさを実感したのだという。

その後、独学で受験するも3浪し、「社会に出たくない」という理由から大学院へ進学。そして「人に教えたい」気持ちに目覚めて教員免許を取得し、高校教師となったそうだ。
生徒の親からは「受験に関係の無い授業」だと大クレームや、もともと「集団行動大嫌い」だった苦痛の教師生活は11年間で辞職となったそうだ。

でも現在の職はサイエンスプロデューサーとして、楽しい実験を行われているのは周知の事実。

「おちこぼれ」を邪魔者として蚊帳(かや)の外へと追いやって、受験勉強を主体とする今の「学校」の目指すものとは一体何なのだろう。

実験マニアの「でんじろう先生」は「大好き」なものを貫くという「でんじろうブランドを確立した。

皆が同じものを目指す集団を拒絶し、唯一無二の「自分ブランド」こそが今のビジネスの個性なのだろう。












スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました