So-net無料ブログ作成

3回も死にかけたプロ・プリンセス天功のネタとは? [テレビ]

今夜の「マツコの知らない世界2時間SP(TBS)」は、第2部にイリュージョニストのプリンセス天功さんが出演された。

6歳の幼少期に、天功さんは18歳までしか生きられないと、死の宣告をアメリカの医師によって受けたという。その後、天功さんの母の「幼稚園も辞めて良いから、好きなことをやりなさい。」の言葉で、日本に帰国して、初代引田天功さんに出会ったことが始まりだそうだ。

ところで番組が始まって早々、出鼻をくじかれたのが、3回も死にかけて救急車で運ばれたネタの話だった。

それは水槽の中で、鎖と手錠に水中でつながれる、華やかな印象の強い大脱出イリュージョンだったのだが、幕が下りて、心肺停止の状態から人工呼吸で生き返ったというイリュージョンだったそうだ(しかも3回)。

また、北朝鮮に招待された際の水槽イリュージョンの要望に、エビアンのペットボトル2トン分がプレゼントされて、使用されたという。金書記から、水が日本と違うから「肌が荒れないように」との心遣いだったそうだ。

プリンセス天功さんいわく、水の中の本人は、本当に「見えない」そうで、そんな中で、ガチガチの手錠と鎖を自力で解くということが、どんなに苦しくて危険なことであるのかが伝わった。

また、一回目のダイナマイト爆破イリュージョンでは耳の鼓膜が破け(3回鼓膜を張りかえた?)、刃物イリュージョンでは実際に刃物16本が身体に刺さったなど、どれも危険な体験ばかりあったという。

天功さんはイリュージョンで、「死んではいけない」でも「生きてもいけない」、だから「そのギリギリを行け!」と教わったと語った。

ところで昔は、権力者が、その「力」を誇示する為に、イリュージョンを使用したという歴史があるそうだ。

また、「月」の土地を購入しているそうで、ウサギがついている「うす」に見える部分は、プリンセス天功さんの土地だそうだ。

今夜のプリンセス天功さんが語る「イリュージョンの世界」では、まだまだ衝撃の真実が語られそうだ。











スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました