So-net無料ブログ作成

やりすぎコージー都市伝説、予言とマインドコントロールの操作 [テレビ]

今夜の「やりすぎコージー都市伝説(テレビ東京)」は、マインドコントロール(洗脳)にまつわる都市伝説の話題が多く登場した。
メンタリストのDaigoさんが「予言」を披露するということで、予めこれから起こることが書かれた紙を千原ジュニアさんの手の中に預けた。

「これから起こること」とは、ゲストの女優、相武紗季さんに三つの物(黒色のリンゴ、赤色のオレンジ、黄色のレモン)を選ばせて、左右の隣の人にそれぞれ、相武さんが選んだものを渡して、3人それぞれが最後に何を持っているかを「予言する」という内容だった。

Youさんに目隠しされたメンタリストのDaigoさんは「では好きなものを一つ選んでください。こうして話をしている間に選んでも良いですし...」と、こんな調子の間に相武さんは「黄色のレモン」を左隣の八代国際弁護士へ、「赤色のオレンジ」は相武さん本人に、そして「
黒いリンゴ」は右の太川陽介さんへと渡った。そして「予言」の書かれた紙は、全ての持ち物と持ち主が一致して終わった。
この現象、メンタリストのDaigoさんは相武さんを「マインドコントロール」して選ばせたと言い放った。つまり、Daigoさんによれば「予言」とは「未来」のストーリーを作ってその未来に「近づける」ことなのだと言う。

また、都市伝説の"顔"としてお馴染みの関さんによると、Facebookやスマホによる各個人、自らによる個人情報の投稿は、知らぬ間に集められて人工知能(Siri)に使用されていると。そして、IPhoneに搭載される人工知能Siriのが(集めた情報から)自ら理解し、考えて、人間に対し嘘をつき始めたという。それは人間に知られたくない情報を隠すのが目的だという。

また、検索情報の利用を示す証拠として、関さんが「火星人はいますか?」に対するsiriの回答は、日本では良く聞く「信じるか信じないはあなた次第です。」だった。

その知られたくないものを示す例として、最近社会現象として大きな問題を提起したスマホと連携するゲームによって、ある種の人達が、一か所に凄まじい数の人間が集まった。つまりゲームによってたくさんの人間が誘導される現象が、実際に起きたわけだ。先日海外でテロが行われた場所にも多くの人が集まっていた。

関さんの意図したことは、ある目的のもとに作られた人工知能は、すでに我々の生活に深く浸透しているという、そして、古くから人工知能の開発を行っている組織がCIAであり、そこに莫大な資金を投資しているのが有名なロックフェラー財団だという、さらに、自らFacebookを数多くの人間を操作するツールだと語った創始者であるCEOは、実は本名はロックフェラー財団の孫だという話もでた。

単なる娯楽として、信じるか信じないかはあなた次第だが、十分に現実味溢れる内容には、妙な説得力があったのも事実だ。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダウンタウンDXでぶっちゃけたおニャン子不仲の真実 [芸能]


今夜の「ダウンタウンDX(日テレ)」は1000回放送記念だったのだが、現在のAKB48などのアイドルグループの元祖とも言える「おニャン子クラブ」の噂の二人が登場した。
新田恵利さん(現在48歳)と国生さゆりさん(現在49歳)の「不仲説」に対する「ぶっちゃけ」の真実に迫った。

単刀直入に「二人は仲悪いの?」との浜ちゃんからのインタビューに「正直、2人の仲は良くありません」と国生さゆりさんが答え、新田恵利さんもうなずいた。

ところで、おニャン子クラブは、今から31年程前の1985年に始まった「夕焼けニャンヤン」という「とんねるず」の二人が司会を努めた番組の中で生まれたアイドルグループだ。
その中で、会員番号4番の新田恵利さんと、同じく8番の国生さゆりさんの不仲説が、現在も囁かれていたらしい。

30年程前の二人のエピソードでは、国生さゆりさんが「私(恵利ちゃんに)何か悪いことした?」との質問に、新田恵利さんは声にならない声で「(さゆりちゃん)みんなで(私を)イジメたじゃん」と答えた。
新田恵利さんによると、新田恵利さんが歌うソロ部分を、グループ皆はコーラスしてくれなかったのだという。国生さゆりさんは「それは恵利ちゃんの人望が無かっただけ」とも発言した。

そして、新田恵利のグループ卒業の際、国生さゆりさんが近づいて二人で抱き合ったシーンの真相は「理恵が嫌がってた」と国生さゆりさんがぶっちゃけた。
この様子を傍目で見ていた浜ちゃんは「よう二人でテレビでたなぁ」と思わず口にした。

さらに、今でも国生さゆりさんは「おニャン子クラブのメンバーで集まってゴハンを食べる」というのだが、浜ちゃんから「どうなの?」と振られた新田恵利さんは「私は呼ばれない」と認めてしまった。

ここまであからさまに2人に肯定されてしまうと、気持ち良いくらいに「長年の噂は真実だった」としか言えない。昔からの言葉で「ケンカするほど仲が良い」という言葉を肯定したいのだが...素直には笑えなかった。
30年過ぎた今でも、変わらぬ容姿を持つ二人の女性なのだから、30年前に思春期を迎えていたファンの方々も、いがみ合いよりも、二人の素敵な笑顔を望んでいるのではなかろうか。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大統領とテカムセの呪い [大統領]

今夜の「世界の何だコレ!?ミステリー(フジテレビ)」は、4時間SPで盛りだくさんのミステリーが紹介された。
科学では説明のつかない怪奇現象や貴重なミイラ、マヤの予言など様々だ。

そんな中、今のアメリカ大統領選にまつわるミステリーが気になった。1840年の第9代大統領ウィリアム・H・ハリソンの肺炎による不慮の死去から始まり、その後20年ごとに就任するアメリカ大統領は皆、暗殺などの謎の死を遂げている。これがテカムセの呪いと言われる物だそうだ。
1960年に亡くなった大統領はテレビカメラの目の前で暗殺されたジョン・F・ケネディも含まれる。その後、1980年のレーガン大統領と2000年のジョージ・W・ブッシュ大統領は予言者の助言を聞き、受け入れたことで致命的な死を逃れたという話だ。

そして、現在はトランプか?ヒラリークリントンか?と行われているアメリカ大統領候補者によるパフォーマンスは、2020年の大統領の選出となる。

そもそも「テカムセ」とは、アメリカ先住民のカリスマ的英雄だそうで、アメリカが恐れた指導者とされる。
もしその「テカムセの呪い」が現在も作用しているのであれば、今回の大統領選に勝利したどちらかは死に近づくことを意味するかも知れないというミステリーだ。

予言者と呼ばれる人が真実を語っているのか、あるいは予言に沿って裏で操作している組織が存在するのかどうか、解き明かされるまでは全て永遠のミステリーだ。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マツコの知らない横浜中華、完全制覇の俳優 [グルメ]


今夜の「マツコの知らない世界2時間SP(TBS)」では、中華料理の天国こと「横浜中華街」の世界が紹介された。
ガイドの案内役を務めたのは御年75歳の日本の俳優、藤竜也(ふじたつや)さん。

横浜に住む藤竜也さんは、地元で「中華探検隊」というグループを結成し、中華街にある150件の料理店の完全制覇を目指しているという。そして、現在までに100件を制覇したと語った。
その中でも藤竜也さんが「美味い」と、「味」だけで選んだお店が登場した。

翠香園(すいえんこう)のゴマ団子は中に空洞部分があり、「美味い」が軽い食感を味わえるという。白髪で渋い感じの藤竜也さんは、団子を口に頬張って「こんなもの、よく考えましたね」と意外な一言でマツコを驚かせた。

上海豫園(しゃんはいよえん)小龍包館は小籠包の老舗で、「世界一の小籠包」を提供しているという。
おススメだったのが「まるでサラダのよう」だとマツコさんが発した「豆苗炒め」の後、世界一の小籠包に、オレンジ色の皮(ニンジン入り)に包まれた「鶏肉小籠包」も堪能した。

中華飯店は、新しく建て替えたが創業40年の歴史を持つ老舗。塩味ベースの優しい味で細麺の「鳥そば」を味わって、以外にも「モツ料理が絶品」だという「モツ焼き」も味わった。そして手作りの焼売(シュウマイ)の食感はモチモチで、今までマツコさんが知るシュウマイとは別物だそうだ。

最後に接筵 (せつえん)のスープチャーハンは、藤竜也さんが思わず発した「邪道だけど美味い」の言葉の通りで、今までに食べたことのない料理に出会ったと語った。そして、マツコさんがこの世で最も好きな料理の一つ、「四川マーボー豆腐」を1皿全部を平らげた。

今夜テレビで目にした横浜中華街の料理はどれも初めてで、見ているだけでお腹が減ってしまった。ごちそうさまでした。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

徳光さん息子、40過ぎのダメ夫クズ男のしくじり得た人生 [テレビ]


今夜の「しくじり先生 俺みたいになるな!!(テレ朝)」は、徳光正行(とくみつまさゆき)さん44歳だった。かつて、朝のズームインの顔であった徳光和夫(とくみつかずお)さんの息子さんだ。
教壇に立って早々「10万円」という言葉がキーワードとして出た。実は、これは44歳になった今でも、徳光さん(父)からもらっている「お年玉の金額」だというから、生徒全員が開いた口が塞(ふさ)がらなかった。

また、受験費用として徳光(父)さんから貰った「3万5千円」を着服して、遊びに使ってしまったというから...思わず「こんなお金のあるクズは初めて」との言葉も飛ぶ始末。
さらに、この着服事件を祖父に打ち明けた際に「そうか、和夫(徳光、父)もやったよ」との言葉が出たのであきれてしまった。

ここまでの事を一言でいうと、正行さんは「甘やかされて」育ってしまった「40代の男」であった。
そして、43歳で妻に「三下り半」を打ち明けられて、離婚となってしまったという。

30歳まで「無茶」をカッコいいと勘違いして、裸・男(ラ・ダン)というロックバンドを行っていたが、「人に迷惑をかける」というコンセプトで好き放題やっていたらしい。「2世」タレントで「ボンボン」の正行さんは、43歳で最愛の妻に離婚を切り出されたその瞬間も「面白いテレビ見ているのに(録画)...」と思っていたらしが、予想だにしない結末を得てショックを受けてしまった。

その後、久々の独身貴族を精いっぱいに楽しんだのだが...「孤独死」の恐怖が現実になるのを感じていると真顔で語った。自分のクズ男ぶりを「笑い」に変えようとする必死な姿は、お世辞にも心底笑うことはできなかった。

人生は人それぞれで、限られた時間の中での選択を積み重ねた結果が、今の自分を作っている結果であるということは、あまりにも正しい。その結果を親の責任だとか、誰かの責任だとか嘆いても、目の前の現実は、何も変わってはくれない。

正行さんが最後に語った言葉は、父、和夫さんにあてた「感謝の意」であった。失った時間を取り戻すことは不可能だが、感謝に満ちた心が、誰もの人生を好転させてくれることを、心から願う。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

無駄な空きスペースを儲けに変えるニッチなスキマビジネスでがっちり [テレビ]

春香クリスティーンさんと森永卓郎さんをゲストに迎えて、今朝の「がっちりマンデー(TBS)」の内容は面白いだけでなく、とても勉強になった。テーマは、あちらこちらに存在している「1円にもならない無駄な空きスペース」を儲けに変える「スキマビジネス」。
そのスキマを見つけて見事にビジネスを実現した企業がこちら。

1. 縦5cm×横8cmのスキマで儲ける福岡市の㈱ホープ
 35歳社長が見つけたスキマは、全国の自治体が所有する無駄なスキマ。
 例えば、公務員給与明細書の表にあるスキマ(縦5cm×横8cm)に広告を展開するビジネス。
 他にも、自治体の封筒裏面、自治体指定のごみ袋の表面、自治体のごみカレンダーのスキマに横長広告など。
 見る人が決まっているのでターゲットを絞った宣伝が確実にできるという仕組みだ。
 「婚姻届けの書き方」紙面の裏面の広告には「マンション広告」。おめでたい新婚さんがすぐに新居の話題で盛り上がるスキマへと参入。
 
 社長様曰く「売れます」という。

 広告スペースを貸す側の自治体では、年間1000万円以上の収入を得ている自治体も存在すると言う。
 また「お役所」ということで、信用度の高い広告でなければ採用されない審査があり、広告を載せる企業にとっては「会社のブランディング」となる。
 つまり、県や市の「お墨付きと」認定された企業は、確実なターゲットへと広告宣伝できて、しかも「以外にも長い間捨てられない」自治体資料は、長期間広告と共に宣伝される事になり、自治体は収入アップ、企業はピンポイントに広告で嬉しい、もちろん㈱ホープもがっちり!という3者にとってメリットがあるビジネスなわけだ。
 このビジネスのきっかけは、社長様の友人が自治体管轄のフットサルコートを作ったのがきっかだったとのことで、年間15億円以上を売り上げるという。
 県や市がお客様である為、この業界への参入はとてもハードルが高かったと思われるが、現在は逆に他社が参入できない業界といえる。

2.渋谷区の㈱G-style(ジースタイル)
 社長様はがっちりスタッフを虎ノ門にある雑居ビルの何も無い「屋上」へと連れ出した。

 そこは「バーベキュー会場」だという。食材から必要な機器、全てをレンタルセットとし、駅近なのに手ぶらで出かけて「バーべキューを楽しむ人」に人気だそうだ。
 料金は2時間で1人4500円で、都心ならではの「スカイツリー」や「ビルの夜景」を見ながらバーベキューが満喫できるらしい。

 重要なことは、会場となる「ビル選び」だそうで、火禁現金の「高層ビル」はNGで、騒音を嫌う「住宅近隣」もNGだそうだ。従って、八重洲や有楽町のオフィス街にある25か所が現在のバーベキュー会場だそうだ。

 元々はケータリングのパーティレンタルの会社だそうだが、このスキマビジネスで月1000万円程度の売り上げになるという。ビルのオーナーさんから「屋上を何かに使えないか?」との言葉がきっかけになったという。
 
3.横浜市の㈱加瀬倉庫(かせそうこ)
 コインパーキングの狭い「デッドスペース」を「バイク専用駐車場」に変えたスキマビジネスを展開する。
 また、10年前にの2006年に道路交通法改正により、バイクの駐車禁止が厳しくなったことがきっかけで、ユニークばバイクの月極駐車場ビジネスを始めたという。
 コンテナタイプの「バイクヤード」は、土地を持つオーナーさんに「コンテナ」を縦横に並べて、ユーザーにバイク専用月極駐車場を提供するビジネスだそうだ。
 オーナーは売り上げの50%が収益になると言い、残りの50%はジースタイルの収益となる。

 薄利多売の大量生産では無く、スキマ(ニッチ産業)を見つけたら「すぐに実行」するスピードが他社の追随を許さないのだろう。

最後に、森永卓郎さんから「ヒッチハイク」では無くて「キッチハイク」というビジネスがあり、現在世界25か国の「食卓の空きスペース」がオーナーとユーザーとの間でで登録されているらしい。世界を旅したら、あるいは日本にいながら、世界の人々と食事を楽しんではいかがだろう。 










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

風間トオル小学生で留年!衝撃の事実。 [芸能]

今夜の「明石家さんまのコンプレックス杯(テレビ朝日)」の内容が濃かった。薄毛や貧乏など、コンプレックスを持ちながらも、びっくりするようなエピソードが次々に沸き上がった。
結局優勝チームは風間トオルさん率いる「貧乏コンプレックス」チームだった。

筆頭の風間トオルさんは、今でこそ、物凄い貧乏だったという事実は既知のものとなっているが、出てくる話はどれも一般人の話からはずば抜けてスゴイ。中でも一番驚かされた話が、貧乏チームメンバーにいたお笑いの兵藤さん(矢野・兵藤のボケ担当)が是非、是非との押しをきっかけに、風間トオルさん自らが告白した話だ。
風間トオルさん、小さい時におじいちゃんとおばあちゃんに育てられたという話は有名ですが、近所の人に「あなた、そろそろ小学生よね?」と告げられ。家に帰って「そろそろ小学生らしいよ」と、両祖父母に伝えたところ...「だけども(小学校にあがる)通知が来てないなぁ」。

家の中を探していたら...下駄箱の後ろに落ちている通知を見つけたのだとか。通知によると、小学校にあがるのは既に「1年前」の日付だったという。
それで...風間トオルさん、小学校は翌年から通い、高校を卒業するまで、1歳年齢のさばを読んだ(嘘をついた)生活を送ったという。

出演していたタレントの勝俣さんは...思わず目を丸くして「小学生で留年したのは初めて(聞いた)」と発言した。
チーム優勝よりも、風間トオルさんの衝撃の人生に改めて驚いた今夜だった。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

主婦が選ぶ!世界のVIPシェフと家事えもんの掛け算チャーハン名勝負 [グルメ]


今夜の「得する人損する人SP(日テレ)」に、また名勝負が行われた。

登場した一流シェフは、世界経済フォーラムのダボス会議の場で、プーチン大統領などの世界のVIPが出席する舞台で「大絶賛のチャーハン」を作った奥田シェフ。このシェフを刺客として登場させた張本人は辰巳琢朗さん。
辰巳さん曰く、奥田シェフは、家事えもんが得意とする「掛け算レシピ」の元祖だそうで、キング掛け算レシピと謳っていた。
そのシェフが、家庭でも作れる絶賛チャーハンレシピを惜しげもなく披露した。

1. さらけ出されたシェフレシピの秘密の内容は、
1)「生米」と玉ねぎをフライパンで炒める
 米が油でコーティングされ、パラパラ感が生まれるのだという。これを炊飯器へ移す。
2)鶏肉の表面を別のフライパン焦がして、さらに同じフライパンに水を入れて茹でる。
 そのまま先ほどの炊飯器に入れた。ブイヨンなしで美味しいチャーハンができるという。炊くこと25分。
3)炊けたチャーハンごはんをバットに移し、ごはんの表面の水分を飛ばす。
4)先の鶏肉をブロック状に切りフライパンへ入れ、そのフライパン半分に卵をそのまま入れて炒める。
5)掛け算レシピの秘訣、フライパンの端で醤油を焦がして 「バニリン」の香ばしい香りを作るという。
6)更にキング掛け算レシピの秘訣として、先の炒めている醤油の上にコーヒーを注いだ。
 メーラード反応によって更なる香ばしさが生まれるという。全てを混ぜながら炒めて完成。
さらに、太いゴボウに麻糸を通して、ぶんぶんと降ると、遠心力でゴボウの先端に水分が溜まるという。この先端部を「ざく切り」にしてミキサーですり潰すと、ミルクも砂糖も入れていないのにカフェオレに変身した(香りだけはゴボウ)。

終始、家事えもんの顔は、驚きの表情を幾度も見せた。






2. 対する家事えもんは、絶対失敗しないレタスチャーハン
1)炊いたごはんにラードをかけて、フライパンで炒める。炒めながら中華だしの素を入れて味付け。
2)サラミを1cm角程度に切り、半分はみじん切り(→調味料になる)。
 サラミは下味がされていて、熟成のうまみ成分が加わり、複雑な味を生むらしい。更にドライなサラミがお米の水分を吸うという効果が生まれ。パラパラのチャーハンになるらしい。

一流シェフによると、これは「ウルパサの法則(潤いとパサパサの法則」)というらしい。家事えもんは知らなかったらしく、驚きの表情を見せた。
3)卵にパルメザンチーズ加え、→煙が出るかと思うくらい良く熱したフライパンで一気に炒めるという。
4)レタスを細かく切ってお皿に盛り付ける。
5)先のサラミとチャーハンをフライパンで炒め、上記のレタスのお皿へ盛り付ける。チャーハンの余熱で、レタスにちょうど良く火が通るという。
更にレモンと黒コショウを「大人の味」として添えた。一流シェフによると、レモンは、もともと黒コショウと同じ仲間だそうで、これを「黄金の組み合わせ」というそうだ。もちろん、家事えもんは驚いた。

さらに、千切りレタスをカップに入れ、豆乳と中華だしの素で「つけ汁」が完成した。チャーハンはレモンと黒コショウ、さらにつけ汁で幾度も味を変化しさせた。


最後に20人の主婦が「どちらが真似したいレシピか」という基準で400点満点で得点をつけた。
結果は、一流シェフが367点(味193点、手軽さ174点)、家事えもんが374点(味184点、手軽さ190点)で、家事えもんの勝利で幕を閉じた。家事えもんスゴイと語るも、納得していない辰巳琢朗さんの印象が深く残った。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

台風16号マラカスは温帯低気圧になりました [ニュース]


フィリピン沖に発生した台風16号マラカスは、「非常に強い台風に成長し、先日はブーメランカーブを描いて沖縄便を欠航にし、その後鹿児島に上陸した。そして西日本のそばを通って、東海道沖で先ほど温帯低気圧に変化しました(09月20日21時45分発表)。
各地で記録的な大雨をもたらし、宮崎県では観測史上最高の24時間雨量、578mmを観測しました。亡くなった方もおられます。そして、暴風と大雨の警戒の真っただ中にあった関東地方にも、ようやく静けさが戻りました。

とはいえ、西日本や東日本では、これまでの大雨により土砂災害の危険性がかなり高い地域や、河川が増水しているところもあるそうです。もうしばらくは、気が抜けなそうです。
また、温帯低気圧に変わっても中心気圧は1004hPa(ヘクトパスカル)だそうで勢力が衰えたとは考えない方が良さそうです。現在は時速30kmで尚も東へと移動を続けていて、広範囲で急な雨に対する警戒は、まだまだ必要なようです。

そうは言っても、長旅を終えた台風16号マラカスが「すっかり」消えてしまった今夜の静けさでは、もうぐっすりと眠ってしまいそうです。あれこれと今日も1日、お疲れさまでした。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アイボーグで聴く色が持つカラフルな音 [音楽]

2016年9月19日(月)、今夜の「世界まる見えテレビ特捜部3時間SP(日テレ)」で、アーティストだというニールという名前の不思議な青年が気になった。
彼の知る世界は、彼が生まれた時から「白と黒」の世界だったそうだ。完全色盲障害(かんぜんしきもう)という障害を持って生まれたのだという。

調べてみると、子供の頃に、本人が双方「違う色の靴」を履いていることに、ニール本人のみがわからないという事件が起きたそうだ。この時の彼の心のショックはどれ程のものであっただろう。この世に神様がいるのならば、何故、彼には色を見分ける能力が無いままに誕生させたのだろうか。
そんな彼に神様はプレゼントを用意していた。ある科学者が「アイボーグ」というセンサを与えてくれたのだそうだ。

詳しい仕組みは紹介されなかったが、その日からニールは色を識別できるようになった。彼の頭に接続されたセンサーが、彼に色の「音」を教えてくれるのだという。
赤、青、緑...全部で360種類の色が「音」を発しているのだという。それは眠っている時でも、とてもカラフルだという。

彼だけが知る、彼だけが聴こえる「色の音」の世界は、彼の無邪気な笑顔が、その素晴らしさを物語っていた。科学と人が融合した"形"を、アイボーグに見た。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ