So-net無料ブログ作成
検索選択

ないないだらけのグレーに染まった豊洲の行方は [事件]


昨日の石原元都知事の発言にがっかりさせられた人はどのくらいの数に上るのだろう。

これまで様々な「お金」に関わる問題で、その都度、該当する都知事が「黒」とされてきた責任問題。

もう3年と迫った2020年の東京オリンピックを目前に、東京の豊洲移転は「ただの問題」では済まされない状況に陥っている。

石原元都知事は豊洲移転を下した責任を認めたが、「専門家が決めた事で(自分には関与する能力がないので)わからない」「部下を信じて受け入れた(ハンコを押した)の発言で、責任は「現在の小池知事にある」とまで言い放った。

これが企業だったら「問題はわかっていたが」「能力のない社長なので」が「専門知識のある部下」を信じて巨額の投資を行うのであろうか。

これに対し小池都知事の「よくわからない」発言はあまりにも正しい。

使用された巨額の「お金」は都民の負担とされてしまうか。汚染は築地問題にまで発展しているのか、前途多難な現在の状況に至った肝心な「経緯」は「グレー」に染まってよくわからない。

元都知事の「決めた責任は(都議会)みんなにある」という発言は「責任は都知事を選んだ東京都民にある」とでも言いたいのか。

小池都知事の「人にせい」にしない「きれいな東京」の立て直しは「きれいな日本」に創り変える大きな一歩になるだろう。
我々も何か協力はできないだろうか。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ピコ太郎さんのPPAP横取りの元弁理士 [事件]


昨年、Youtubeを介して世界中にその名を知らしめたピコ太郎さんのギネス曲、PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)が、思わぬ被害に出くわしている。
元弁理士という、上田育弘氏(ベストライセンス株式会社代表、大阪)が"PPAP"や"ペンパイナッポーアッポーペン"を商標登録したとの話題だ。そして、この上田氏と、ピコ太郎さんをはじめエイベックスとは一切関係が無いという。

そもそも"商標権"とは、知的財産権のひとつであり、文字や図形、記号や色彩などの結合体を独占的に使用できる権利とされている。また、特許庁に出願、登録することで”商標権”という保護権利を得ることができるという。そして、その存続期間は10年に及び、更新も可能だという。

そもそもこの事件は、本来守られるべき"知的財産権"を悪用したものであることは明白状態だ。それにも拘わらず"早い者勝ち"システムで登録待ちにある上田氏の権利が守られてしまう状況にあること自体が、矛盾しているように見える。

昨年、東京オリンピックのロゴマーク盗用問題で、大きな批判とその立場を追われる佐野氏はいったいどうなっているのだろうか。

これらの問題の中心にある目的は"お金"なのであるが、双方とも"人の土俵で横綱級の相撲をとる"点で共通する。さらにこれが他国では大々的な"コピー"が"あたりまえ"とされることもある。

最終的には"モラル"という理念が、事務的なルールである"権利保護"とどちらが優先されるかという対極的な問題に委ねられてしまう。

正義には勝って欲しいのだが、有名になるには法律の勉強も必要だということをつくづく思い知らされる嫌な話題だ。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

さんまのホンマでっか!? 個人・友人の金銭・詐欺トラブルは、あきらめないで弁護士に相談を! [事件]

今夜の「ホンマでっか!?(フジテレビ)」は、実際にあったお話しが聞けて納得した。

「必ず返すから50万円貸してくれ。」あるいは「試験に受かって税理士になったら返すからお金を貸してくれ。」
大切な友人や、恋人から、突然「お金を貸して」と言われて(もしあなたがそのお金を持っていたら)あなたはきっぱりと断れるだろうか。
実際にお金を貸して、その「お金」が返ってこない事態に陥った二人の事例が登場した。




①一人目
 お金を貸した友人は「次の給料日に返す」「次のボーナスで返す」などと理由をつけて、返済を先延ばしにしてきたそうだ。そして最後には音信不通となった。
 念の為、「借用書」を書いて友人のサインをもらっていたのだが...友人宅と職業は知っていたのだが、残念ながら友人の職場はどこなのか教えてもらえてなかった。
 ここで、連絡の取れなくなった一人目の人は、警察に行ったが「個人の問題は警察は動けません」(民事事件不介入の原則)と断られてしまったそうだ。
 仕方なく自分で友人宅に行き、玄関の戸を叩いて「お金を返して」と訴えたのだが...逆に通報されて警察に連行されてしまった。
 
 ここであきらめずに弁護士に相談したのだ。弁護士は友人宅の管理会社に問い合わせをし、職場の情報を入手した。官公庁や企業は弁護士には情報を受け渡す義務があるそうだ。そしてこの情報を元に裁判を起こした。当然、その友人は欠席したのだが、裁判所からの要請を受けて欠席した場合は、自動的に訴えた側が勝利することになっているそうだ。これで晴れて法的に給料差し押さえができる権利が発生し、ついには貸したお金を取り戻すことができたそうだ。
 個人情報と言えども、「弁護士は企業を通して得られる権利がある」こと、「裁判所からの要請は断ってはいけない」ことはとても大切なことだと勉強になった。

②二人目
 結婚詐欺に引っかかったのだが、500万円を貸してしまっていた。全ては幸せな結婚をする為だったのに。
 そして恋人からは待てども待てども一向に結婚の話が進まない。そしてある日、恋人の携帯を覗いて、恋人には妻子がいることがわかる。
 その恋人に激怒するが、お金については一切シラを切られてしまった。
 この状況でも、”詐欺の証拠”が無いので警察は動けないと突き放されてしまったそうだ。
 
 ここであきらめずに、やはり弁護士に相談した。”お金を貸した証拠”が一切ない。証拠がない場合は本人の「自白」が決めてとなるそうだ。
 弁護士の力を借りて止まぬ「怒り」を抑えた被害者は「結婚しててもいいから会いたい」「まだ好きだから付き合って欲しい」と相手を誘い出した。

 被害者は呼び出した喫茶店で、のこのこ現れた詐欺師に一芝居を打った。「あなたに貸した500万円は、あなたと結婚する為のお金だったのよ。分かる?」男は応えた「分かるよ。」
 すかさず傍でボイスレコーダで録音していた弁護士が即座に現れる。「お金を返す?」それとも「警察に行く?」。

 この場合、詐欺師が警察を選んだ場合は、刑務所に入ることになるは、仕事はクビになるはでお金を取り返すのが難しくなるのだが...詐欺師の生活を維持するのに「お金を返す」となるらしい。

”民事不介入の原則”を巡視する警察に、どうか腹を立てずに、冷静になって頂きたい。
また、もし”あなたの自転車”が盗まれて、それを偶然発見したとしても、決してそれを黙って持ち帰ることはしてはならない。”被害者であるはずのあなた”が、盗みの犯罪者になってしまうのが法律だからだ!

一人で悩まず、まずはプロ(弁護士)に相談することが、とても大切なことだといううことが、今夜は改めて学ぶことができた。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

法医学の佐藤名誉教授が告白/連続殺人犯逮捕の決めては霊魂が示した [事件]

今夜の「最恐映像ノンストップ4(テレビ東京)」に、いったいどれだけの視聴者が背筋の凍る寒さを体験しただろうか。

毎年、暑い夏の夜となると、この手の恐怖心霊映像や怪談話が放映される。
日本だけでなく海外においても、昔から幽霊やお化けという存在は、夏の暑さもひと時忘れるほどに、我々を恐怖に陥(おとしい)れる。

その存在の賛否については人それぞれ、科学的だとか、そうでないとか...結局、体験した人しかわからないのかも知れない。
だが、今夜の話はいつもと少し違った。

法医学の佐藤名誉教授が「今夜はお話しに来ました」と告白した。

かつて埼玉、東京で連続殺人事件が発生したことがあった。
そして、ある日職場で、警察庁からの電話を受けとった。
「ご相談したいのですがよろしいですか?」「いいですよ」「ではこれからすぐに参ります」
(え?そんなに急な話なのか...と思ったそうだ)

そして、早々にやってきた検視官を含む警察関係者は、無数の捜査の遺体写真を、無造作に机の上に並べた。
「佐藤先生、何かわかりますか?」
通常であれば、ファイルにきちんと整理されているはずのものが、全くバラバラの状態だったそうで、捜査の混乱状況が伺えたそうだ。

そして、佐藤教授は写真のまわりを一周しだしたのだが...ふと、3枚の写真が光って見えたそうだ。
次の瞬間、少女がはっきりと映像で現れたという。そして、その少女が写真を指さして「見て」と言ったと、佐藤教授は感じたという。

すぐに写真に近寄ると「トレペ(トレーシングペーパー)を持ってきて」と近くのスタッフに頼んだ。
佐藤教授が写真にトレペを重ねて写し取ったものは、ある文字のようなものだった。

その文字は、数々の検視官が見落としていた、犯人逮捕の大きな手掛かりだった。

遺体の子供についた文字は、死斑によって浮かび上がった文字で、犠牲者が殺害される前に座らされていた車の車内の文字だった。
これが証拠となり、3日後に犯人逮捕となったそうだ。

佐藤教授は、あえて言うなら「シックスセンス(第六感)」だと語ったが、霊魂の存在を思わざる得ないとも語った。

科学を前提とすれば、見えない霊魂の存在の真意は永遠のテーマなのだろうが、結果が伴えば、認めざるを得ないのではないだろうか。








今夜の「奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)」のある家族の実話に目が潤んだ。アメリカで実際にあったというお話だ。

25歳の女性が、とある病院で「女の赤ちゃん」を出産したことからストーリーは始まる。
だが、この25歳の母親は当時、夫との離婚の真っただ中にあったこと、そして既に2人の娘をシングルマザーとして育てていたことから、3人目の子供は養子に出す決断をしていた。

アメリカでは養子に出す赤ん坊の出産後、すぐに会えなくなるというのが決まりだそうで、その赤ん坊である"娘"を抱いた時間は、わずか5分だった(母親としての感情が芽生えて、邪魔をしないようにとの配慮らしい)。

やがてその赤ん坊は養子先で"ミシェル"と名付けられ、兄、妹と分け隔たり無く、3人幸せに育てられた。
しかし、ミシェルの目の色はグレーで、兄と妹は青色の瞳。さらに、兄と妹は大人しくて読書好き、勉強も得意だったのだが...ミシェルは対照的で勉強も苦手だったそうだ。

育ての親は、子供には小さいうちから"養子"であるという事実を告げる選択をした。

大人の女性に成長していくミシェルは、次第に自分の"ルーツ"を知りたいという思いが強くなっていった。結婚し、子供も授かったミシェルは、保険の契約の為に"本当の両親"に関する書類が必要になってしまった。

当時、ミシェルが持っていた持病が、両親からの遺伝性のものであるのか、それとも後天的なものであるのか、はっきりとさせなくてはならない事態に陥った。

ミシェルは"養子"を取り持った会社に問い合わせ、事情を説明した。そして、遺伝性であることがわかり、無事に保険契約は成立したのだが...お話はこれで終わらなかった。

ミシェルは先の担当者に「実の母に会いたい」と告白した。




その担当の女性は「原則としてはできませんが...もし(ミシェルの)実の母親も望むのであれば可能です」と告げた。そして「実の母親に聞いてみます」と、ミシェルに希望を与えた。

担当者が実の母親に電話で内容を告げると、母親は明らかに動揺し「そんなことはできない」と答えた。

担当者は「では実の娘さんからの手紙でしたら受け取ってもらえないでしょうか?」と問うと、母親はOKと承諾した。

手紙を書くために教えられた母親の下の名前はキャシー。
「親愛なるキャシーへ」
わずか5分しか抱いていない、赤ん坊だった娘からの手紙には、これまでの人生、好きなもの、どんな生活をしているかなど、色々な言葉が綴られていた。どんなにキャシーに会いたいか言い表せないなど。

後に「素晴らしい手紙」だったと語った母親は、その嬉しさのあまり、手紙を読み終えてすぐに担当の女性へと電話をした。「今、手紙を読みました。ひとつ気になることがあるんです。」と母親は告げた。話を聞いた担当者は「ではお電話で直接、娘さんとお話されてはいかがでしょうか?」と提案した。

数日後、電話ごしに母娘は再会をした。

10年程前、ミシェルはとある美容院で、ネイリストとして働いたことがあった。手紙にはそのことが書かれていた。そして、母親であるキャシーも、その名前の美容院で、受付の"看板娘"として働いていた時期があったのだ。二人はそれぞれの記憶をたどって、お互いに語り合った。

明るくて誰からも好かれる受付嬢だった母親キャシーと、ネイリストだった娘ミシェルは、10年前に既に出会っていたのだ。それ以後は、育ての両親を交えての家族ぐるみでの幸せな交流が始まったという。

2人が話をする仕草や話し方の様子は、周りの人々が「今思えば...」と語ったように、テレビの前でも"そっくり"だった。母娘の"絆(きずな)"は、お互いに知らずとも"神様"が巡り合わせていたという、温くて、とても素敵なお話しだった。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

川遊びで脳内に侵入する悪魔、殺人アメーバの致死率 [事件]

今夜の「マサカの世界衝撃事件4(TBS)」で恐怖を覚えた。

事件は2010年のアメリカが舞台だった。
家族水入らずで休暇を楽しんでいた5歳のカイル君が、帰宅後に頭痛を訴え、そしておう吐した。
緊急入院先の病院では原因がわからなかったが、幸運にも翌日には体調が回復し、そして退院した。

だがその後、事態は急変した。電話で病院に駆け付けた父親は凄まじいばかりの息子の悲鳴を耳にした。

「この音は何!!」「怖いよ!」
残念ながらこの音はカイル君本人しかわからない。
そして恐怖とともにカイル君は、その短い一生を閉ざされてしまった。

後に明らかとなった死因が「フォーラー・ネグレリア」というアメーバだった。
これは「原発性アメーバ性髄膜炎」を起こすとされ、感染者は臭覚や味覚の変化を感じ、吐き気、おう吐、発熱、頭痛の症状を示す。
そして急速に昏睡して死に至るのだという。

カイル君が聞いた「この音」とは、殺人アメーバが脳内に侵入している音だったのだ。
人間の「脳」を食う為に脳内に侵入するのだそうだ。
そして、この「フォーラー・ネグレリア」の顕微鏡拡大写真は、まるで悪魔が微笑んでいるような不気味な形を表している。

驚くことに、アメリカでの感染報告者は昨年まで134人で、わずか3人しか生存していない。
つまりその致死率は98%となる。
ちなみに近年、騒がれた「エボラ出血熱」の致死率は、高くても90%らしい。

ではカイル君の感染源は何か?答えは湖での水遊びだそうだ。

恐ろしいことだが、ここ日本においても佐賀県の女性がこのアメーバにより死亡している(1996年)。
その感染源は不明だそうで、つまり、既に日本にも殺人アメーバが存在している可能性が高い。

現在のところ、川遊びなど鼻からの直接感染が有力だそうで、鼻栓がアメーバ侵入を防ぐのに有効という話も聞いた。

いずれにせよ、朝から晩まで、極めて「うだる熱さ」の毎日がやってくるこの季節、このアメーバが人間の「脳」への侵入のタイミングを待っているのかも知れない。
もし頭痛を感じて、おう吐してしまったら迷わず病院に行くべきだろう。でもすぐに回復してもぬか喜びはマズイかも。「恐怖の音」は聞きたくない。

















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

XJAPAN破壊、Toshiが語った衝撃の洗脳騒動 [事件]

今夜のダウンタウンなう(フジテレビ)でToshiさんが腹を割って衝撃の騒動を語った。

「洗脳」のきっかけは、今となっては共演から結婚した元妻(守谷香、もりたにかおり)の手引きだったそうだ。
この後に明らかにされた「洗脳」は、「自己啓発セミナー」という名前のものだったと語った。

最初はとにかく罵倒されたそうだ。
「あご人間」などと罵倒されたが、Toshiさん本人はトレーニングだと認識していたそうだ。

そしてセミナーに納めた総額は「15億円」とも語った。
にもかかわらず、目標金額を自らの口から語らせ、その額を稼いで納めたと語った。
金額は1か月で3000万円だったと言い放った。

この洗脳セミナーにより、1997年、かつてのXJapanは解散してしまった。
当時Toshiさんの頭の中は、XJapanは「宇宙一の犯罪」だという考えに捕らわれてしまっていた。

更に逃げ出したToshiさんは拉致されて再び連れ戻されたとも語った。
決して「恐怖」という言葉だけでは語り切れない。

洗脳の苦悩から抜け出し、XJapanが再結成となるまで、実に12年間を要してしまった。
この12年間という時間と、Toshiさんが失った代償は一人で抱えるには余りにも大きいと感じてならない。

失ったものが余りにも大きいならば、Toshiさんが得たものは、きっとはるかに大きなものに間違いないだろう。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

高橋みなみ&峰岸みなみ、マジギレケンカの原因となった動物と衝撃 [事件]

今夜の行列のできる法律相談所(日テレ)で、かつてAKB48時代に高橋みなみさんと峰岸みなみさんが、
1か月以上もシカト状態が続いたほどマジギレケンカがあったと語っていた。

その原因となったのが「猫」だったそうだ。

事件前は高橋みなみさんの自宅(一人暮らし)に、峯岸みなみさんが遊びに来るほど仲が良かったそうだ。

そして、一人暮らしの寂しさから高橋みなみさんが「猫飼ったんだ」と自宅で猫を披露した時点で、
峰岸みなみさんは「私と猫とどっちが大事なの?」とマジギレしてしまったそうだ。

峰岸さんは「猫アレルギー」だそうで、本当に猫はダメだったらしい。

これに対し高橋さんは「私の家なのに猫を飼う自由はないの?」と思ったのだが...。
それ以来峰岸さんは、職場でも一切口をきいてくれなくなったそうだ。
状態は仕事に支障をきたすほどのレベルで、しかも1か月以上も続いたそうだ。

更に衝撃だったのが、猫アレルギーの峰岸さんが「猫を抱いている写真」を公開したこと。
峰岸さん本人から放たれた、その驚きの真相は...「(猫アレルギー)治ったみたい」。

終わってしまえば、思わず「そんなこと?」と口にしてしまうところだが...。

とにもかくにも猫アレルギーが無くなってメデタシ、メデタシ。
若い娘さんの心はよくわかりません。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

伝説のデカ、平塚八兵衛 [事件]

4月9日(木)夜放送のアンビリバボー(フジテレビ)で、実在した伝説のデカ(刑事)、平塚八兵衛(ひらつかはちべえ)氏について放送された。
1913年9月22日(大正2年)に生まれ、1979年10月30日(昭和54年)まで生きた、実在の伝説のデカだそうだ。

ある日、都内の某ホテルで女性の遺体が発見された。
遺体の女性は、ホテルの部屋の鴨居に浴衣の帯で首を吊った後、鴨居から落下て横たわったものと判断されたかに思われた。
だが、その場に居合わせた伝説のデカは「何かおかしい」と首をかしげた。
①現場にあった遺書らしき封筒に、手紙が逆さに入っていた。
②現場のテレビのチャンネルはNHKの教育テレビであった。
③首を吊ったとされる鴨居の埃は、50㎝の幅に渡ってこすりとられていた。
④現場には浴衣の帯が3本あった。(部屋には通常2着)
⑤自殺後の失禁の跡が、鴨居の真下からずれた位置にあった。

すぐに、他殺捜査へと切り替わった。

その後の聞き込み調査で、遺体がみつかった208号室で、直前にある30代と思われる男がフロントで目撃された。

フロントの乗務員はとっさに「お客様、どちらへ?」
男は「208号室だよ。俺は客だよ」と告げていた。

後に、その男は210号室で20代とみられるピンクの衣服をまとった女性と宿泊していたことがわかる。

最終的にはこの男女が、遺体の女性を殺害したことが明らかになった。
遺体の女性は、この殺人犯の男に結婚を理由に騙され、職場の会社の大金を持ち出し、殺害されたことが明らかとなった。

ところで”デカ”という言葉、明治時代に生まれた、犯罪者仲間の隠語であったらしい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サビーヌ・ダルデンヌのトリハダ [事件]

11月26日夜放送の「トリハダ・スクープ」(テレ朝)で、1996年に起きた少女の80日に渡る監禁事件について放送された。
少女の名はサビーヌ・ダルデンヌ (Sabine Dardenne)、当時12歳。ヨーロッパはベルギーで起きた事件だ。

誘拐犯は、自称電気工のマルク・デュトルー(Marc Dutroux)。1989年に別の事件で逮捕され、懲役13年の判決を受けて収監されていたが、模範囚であったことから、わずか3年で釈放されていた。

1996年5月28日、通学中だったサビーヌは突然誘拐され、犯人自宅の地下室に監禁された。その部屋の大きさは幅わずか99cm、奥行きは2m34cm。
暗くじめじめとした部屋で、彼女は80日間も過ごした。

この事件が長引いてしまった背景には、当時のずさんなベルギー警察の対応にある。

サビーヌ失踪後に、母親は警察に捜索願いを訴えた。しかし、当時の警察の対応は事務的で「捜索依頼の受付は致しました」。
だが、すぐに捜査はされなかった。「二日もすれば戻りますよ」という態度であった。
当時、未成年者の行方不明事件は”家出”が原因とされていたのが背景らしい。
(近年の日本の警察にもあった、同じようなお粗末な対応が記憶に新しい)

通学中に誘拐されたサビーヌには、通学カバンの中に筆記用具があり、毎日ノートに「×」印をつけて、日付の感覚を忘れないように意識を高く持ち続けた。

監禁から75日後、サビーヌがマルクに友達が欲しいと訴えたことから、マルクは14歳の別の少女を拉致した。
その際に通行人が犯人の車を目撃していたことから、その4日後に犯人逮捕へとつながった。

こうしてサビーヌを含む二人の少女は無事生還したが、この時のサビーヌの容姿はそのままライブで放映され、この後、8年間サビーヌは世間の風に苦しんだ。
周囲の人の目、悪意のない「頑張ったね」の言葉もサビーヌにとっては「放っておいて」と逃げたい一心だった。

またサビーヌは、監禁時のフラッシュバックやトラウマにも苦しんだ。

監禁事件解決から8年後の2004年、ようやくマルクの裁判が始まった。

サビーヌは貴重な証人として、今までの沈黙を破って出廷を決意した。
私が生きているところをマルクに見せてやりたいと、勇気を出して裁判の場に参加した。

マルクの判決は終身禁固。後にサビーヌの著書「すべて忘れてしまえるように―少女監禁レイプ殺人犯と暮らした80日間」は、様々な言語に訳されて話題になったらしい。
ちなみにベルギーでは、州によってフラマン語、フランス語、ドイツ語の3つの言語が話されているらしい。

サビーヌの前に、当初マルクの釈放後、1995年にマルクは4人の少女を監禁しているが、そのうちの二人はドラッグを注射した為に窒息死。
また、残り二人については、当時車両窃盗容疑でマルクが半年間刑務所に入った為、その際の世話を怠ったマルクの妻によって、餓死してしまったそうだ。
この時自宅捜索を行ったベルギー警察は少女二人のかすかな「助けて」という言葉を聞き逃している。

また、後にマルク夫婦は国から生活保護(毎月約26万円)を受けていたことも発覚。

犯罪者に対するベルギー政府の対応と、ベルギー警察のずさんな対応に、ベルギー国民は大騒動となった。

被害者の立場の保護はいつでも、どこの国でも軽視されてしまうのか。

2004年に20歳を迎えたサビーヌは、同じ境遇の被害者達に勇気を与え続けている。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ