So-net無料ブログ作成
検索選択

マツコの知らない食虫植物とベビースター [自然]

今夜の「マツコの知らない世界(TBS)」は、第1部の「ねりもの」を堪能した後の第2部は「食虫植物」の世界だった。

ガイドを務めた食虫植物の愛好家という税理士の田辺さん(千葉県在住)が、大いに食虫植物の魅力を語った。

そもそも食虫植物が「虫取り」を行うように進化してしまった背景は、まるでシンデレラのようだと田辺さんは語った。

シンデレラのように「か弱い」食虫植物は、強い他の植物に住む場所を追いやられて、生きる手段として「虫」から栄養を摂るようになったのだそうだ。

そして、1)パックン方式の代表として、いくつもの触覚のようなトゲを開いた2枚葉が特徴的な「ハエトリソウ」の発するフェロモンによって、
周辺の蚊が寄ってくるそうなのだが...意外にも「ハエトリソウ」は蚊を捕獲するのは苦手らしい。

また、獲物を確実にとらえる為、センサーである触覚は、虫が2回触れないと閉じないそうだ。

そして、この「ハエトリソウ」に①ごはん、②(海藻の)のり、③かつおぶし、④ベビースターを意図的に与えたところ
食べたのは③かつおぶしと④ベビースターであった。

そもそも「タンパク質」を溶かして食べる(栄養を摂る)のだそうで、①ごはんと②のりは葉を開いて食べなかった。
ただし、ベビースターに含まれている小麦粉などは消化しないで葉の中に残っていた。

2)ネバネバ方式の粘液で虫を捕らえる代表として「モウセンゴケ」と「ムシトリスミレ」が紹介された。


3)ボットン方式の代表としての「ウツボカズラ」の葉の中の水は、実はミネラルウォーターのようで飲めるのだそうだ。
現地では「モンキーカップ」と呼ばれ、猿が「飲み水」として飲むのだそうだ。
ただ、虫が混入していた場合は消化液によって「酸味」が出ているかも知れないとも語っていた。

他にはウサギのように可愛らしい「ウサギゴケ」や、マニアの間では人気No.1の「セファロタス」が紹介された。

食虫植物の「健気さ」は、これまでのイメージを覆された。










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

新常識、コアラが木の上でボーっと している理由 [自然]

今夜の「ありえへん世界SP(テレビ東京)」で、私自身、コアラに関する常識が変わった。

コアラといえば、オーストラリアからやってきた可愛い瞳の有袋類の動物だが、動物園では木の上でいつでも「ボーっとしている」印象だ。
それもそのはず、1日24時間のうち活動しているのはたった4時間だけで、それ以外は眠っているというのだから、どうしょうもない。
...というのが、今までの私の中での常識だった。

これには「ボーっとしている理由」がきちんとあったのだ。

コアラの食べ物として、すぐに頭に浮かぶのは「ユーカリの葉」だ。
この「ユーカリの葉」には「青酸カリ系」の毒物が含まれているのだそうだ。
そもそも「ユーカリの葉」は人間を含めて、多くの動物にとっては栄養も無い上に、毒性もあり「有害」なのだそうだ。

でもコアラの消化系器官には「微生物」が共存していて、この「微生物」が毒を分解しているのだそうだ。
そして、この毒の分解過程で「アルコール」に似た成分が作られるのだそうだ。

つまり、コアラは1日のほとんど「酔っぱらっている」のだそうだ。
そりゃ「ボーっとする」わけだ。

決してコアラが、人生が嫌になって、現実逃避しているのでは無かった。

更に驚いたのが、地上に降り立った四つん這いのコアラのダッシュは予想外に速かった。

でもクリンとした丸い瞳のコアラが、実は「酔っぱらっている」ことを創造すると、思わず「クスっ」と笑ってしまう。

それからもう一つ、海の上に浮かぶラッコが眠る時、お互いが離れ離れにならないように手をつないで眠る姿は、なんとも可愛いくて、ありがとう。今夜は私も妻と手をつないで眠ろう。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

地上最強植物/ライオンゴロシ [自然]

8月16日(土)放送の世界一受けたい授業(毎週土曜19:56~、日テレ)にて、地上最強と言われる植物が紹介された。

その名も「ライオンゴロシ」…日本語名。

この植物、学名は「Harpagophytum procumbens」で、一般的な名前はdevil's claw(デビルクロー、悪魔の爪)、 grapple plant (グラププラント、引っかけ植物)などと呼ばれるらしい。

生息は南アフリカのナミビア近辺の草原で、その実には痛々しいカギ爪のような”トゲトゲ”があちらこちらに突き出ています。

日本語名「ライオンゴロシ」の通り、これを踏んでしまった百獣の王/ライオンは、その痛さに我慢できず、口でこの実を取ろうと試みると、そのトゲはライオンの口に引っかかり、そのライオンは噛むたび度の激痛で物を食べることが出来なくなってしまうそうです。
そして最後には”餓死”してしまうそうです。

頑丈なアゴに鋭い爪、発達した筋肉の前脚を持つライオンでさえも、この植物に備わるしたたかな繁殖戦略の痛みには耐えられないようです。
また、ライオンに噛まれた際に”種”がそこに落ちると、その場に繁殖してしまうのだそうです。

しかしこの植物、調べてみると自然の医療薬としても知られているようで、関節痛緩和、貧血、血液異常、胃腸障害、動脈硬化、アレルギーの改善など様々な面で人間の健康に有効なエキスなんだそうです。

ライオンの力に到底およばない非力な人類の知恵は、最強植物までをも、人類の生存に取り入れてしまったということのようです。




関連記事:南アのライオンキング/野生ライオンと戯れるリアルスーツ男(http://build-a-snowman.blog.so-net.ne.jp/2014-07-13



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog