So-net無料ブログ作成
ファンタジー ブログトップ

ネバーエンドの夢ランド、 東京ディズニー社長が語った魅力 [ファンタジー]

今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は「素敵な魅力」が全国公開された内容に感銘を受けた。

34年前の1983年、不安に包まれての東京ディズニーランド「オープン」だったと語った㈱オリエンタルランドの上西京一郎社長兼CEO。

その後、右肩上がりで成長を続け、2015年の来場者数は3000万人を超えて4654億円の売上記録を更新したという。その「がっちり(儲ける)のヒミツ」へ迫った。

東京ディズニーリゾートの売り上げ更新を支えるお客様は、
実は東京、埼玉、千葉などの関東近郊リピーターによるものだそうだ。

パークを訪れると、夏祭りバージョン、秋のハロウィーンバージョン、冬のクリスマスバージョン、春はイースターと、
四季の変化を通じてパーク内はさま変わりし「お客様」を園へと迎え入れる。

アトラクションの一つである「ジャングルクルーズ」は、ガイド役の船長によって「演出」や「トーク」が変わるなどの、毎回異なるアトラクションの「演出」の魅力が語られた。

さらに、6人乗りアトラクションである「センター・オブ・ジ・アース」の列の入り口では、
2名、3名などのお客様のグループ人数で振り分けることで、なるべく空席を作らない工夫を実施することで、お客様の待ち時間を短くする取り組みが行われているという。

待ち時間短縮の効率化の効果によって、
パーク内のお客様の平均滞在時間は、
平均9時間となっているそうだ(入園当初はおよそ6時間)。

待ち時間が減少し、疲れ知らずになったお客様は、
ディズニーの魅力商品を楽しむ時間を得られるようになった。

年間2万アイテムを扱うパークは、ヒット商品にも力を注いでいる。

昨年は「うさ耳」カチューシャがヒットし、そのカチューシャの「うさ耳」に取り付けられる「帽子アクセサリー」が新たに投入されるという。

「うさ耳」に、「真ん中の穴」を利用した「帽子アクセサリー」を身に着けたお客様がSNSに投稿されると、それが話題を呼んで、爆発的に売れる商品へと結びつく。

他にもミッキーの手の形をした「しゃもじ(500円)」に加えた、「しゃもじスタンド(500円)」もそれぞれヒット商品だそうだ。

単品で販売されていたグッズも「ストラップセット」、「ボールペンセット」、「歯ブラシセット」、「はしセット」に「カップセット」などのセット商品になり、
「お土産」としても”飛ぶ”ように売れるという。

ところで「(空を)飛ぶ」をテーマにした「ソアリン」という新しいアトラクションが、
2019年にディズニー・シーにオープンするらしい。

これらの無限のアイディアに加えて、ドリームコンダクターと呼ばれる「夢先案内人」は、パーク内のことなら何でもと「お客様」をサポートする。

また、パーク内の掃除係であるカストーディアルは、掃除という業務を通して、声かけトレーニングを行っている。

例えば、後ろから声をかけてビックリさせるのではなくて、
お客様の「前から声をかける」気づかいと、
下のゴミばかりを追うのではなくて、周囲のお客様への配慮を念頭に置くなど、

総勢18000人のキャスト達の「キメ細やかな対応」が、現在のディズニーを支えている。

25年前から取り入れられたという、年1回の(キャストへの)サンクスデーは、そんなキャストへの感謝の気持ちを形にしたものなのだそうだ。

時折、社長自らも、キャストへと変装して掃除を行う㈱オリエンタルランド。

永遠に完成しない「夢の世界」の創造は、ファンであるリピーター達だけでなく、
自らもファンであるキャスト達に支えられて、

いつまでもいつまでも、我々の住む世界に「夢」を創り続けている。










nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

星屑と溶岩窯で手作り、 地球の味がするパン [ファンタジー]

4月18日(土)朝のズームインサタデー(日テレ)で、様々な個性あふれる「パン屋さん」が紹介された。そんな中、ひと際気になったのが「壮大な宇宙をテーマにしたパン屋さん」。

「星屑(ほしくず)を捏ねて(こねて)、太陽の炎で焼いてできる星パン。」
と語るのは、店長の「ずんこさん」が横浜市にかまえるお店、その名も「星パン屋~Star-bread Bakery~」 ...なんだかワクワクしてきます。

「ですが地球ではちょっと難しいので...星屑の代わりに“小麦”、太陽の熱に近い“溶岩窯”を使用」しているそうです。
生きている「酵母」が星パンになるのだそうで(人間と同じように)、1個たりとも同じ星パンは存在しないのだそうです。

そして、中でも気になったパンが、店長が頭を悩ませた「地球パン」。

「いったいどんな味がするのですか?」とのレポーターの質問に、
「地球の味です。」

他にも「火星ソーセージパン」に「ジュピター」、「ポラリス」なんて名前のパンも。

毎日、壮大な宇宙のテーマから生まれた星パンたちが、今か今かとその味を地球に届けようと、待っているのでしょう。
なんだか心が癒されました。営業は火曜日から土曜日まで、午前10時30分~午後5時(売り切れるまで)だそうです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンタクロースの宛先へ手紙を書こう [ファンタジー]

今朝、就学前の娘がサンタさんへの手紙を私に見せてくれた。
そして「ねぇサンタさんにはどうやって渡すの?」

…困った私…(頭の中で考えた)
(1. 電話で...って答えたら、恐らく電話口にいて話がしたいって言うだろうな...いったいどれだけ長い時間話したがるのだろう???)
(2. FAXはどうだろう...どうせ書くんだったら手紙か...)

と、いうことでサンタさんに関するサービスを検索すると、
1. サンタさんと電話でお話ができるサービスがあった(http://storagedl.amivoice.com/santatalk2013/
※通話料金はユーザー負担なので注意が必要(利用規約より)
※通話料金等はわかりません

2. サンタさんの住所が実在した!(フィンランド)
  その住所は、

  Mr.Santa Claus
  Joulupukin Konttuuri
  Napapiiri,96930 Rovaniemi
  Finland

  ここに郵便局からエアメール(国際郵便)で手紙が送れるそうです。
  「英語」ならbetterでしょうが、内容は日本語でもサンタさんに言葉が伝わるみたいです。
※宛先やエアメールの書き方は英語でないとダメだそうです。
  
  返信用封筒(数百円らしい)を同封すれば、返信も届くらしい。 
 
これでどれだけ多くの子供達の夢が大きくなって、どれだけ多くの親達が胸をなでおろすのだろうか。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
ファンタジー ブログトップ