So-net無料ブログ作成

花畑牧場 がヒット商品を続ける理由 [テレビ]

今から10年前の2007年、「生キャラメル」ブームを起こした田中義剛(たなかよしたけ)さんを社長とする花畑牧場。

今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は、「一世を風靡した・・・あの店は今」というテーマに基づくトップの話題に「花畑工場」が登場した。

2017年現在の花畑牧場は、以前にも増して大きくなっていた。そして羊たちに餌をやる田中義剛社長も健在していた。

この10年で成長を続けた花畑工場は、意外にも「商品の多様化」という道でヒットを続けていた。

その主力商品は「チーズ」。

「俺のイタリアン」などで知られる有名レストランは、お客様にリーズナブルな価格サービスを提供する為、人件費を抑える為に多くのアルバイトを起用しているらしい。

そこでモツァレらチーズなど「包丁を使用しなくても良い」、「美味しいチーズ」を1日に6000個も提供しているという。

通常「商品を絞る」方が、コストを集中して下げられると思うのだが、意外にもこれはギャンブルのように「当たれば」良いが、「ハズレ」ると赤字を重ねてしまう。

そこで、あれが売れない時は、これが売れる商品を「お客様の要望」に応えて変化させているという。

だから「生キャラメル」も、「夕張メロン味」など数種類にまで増やしている。調べてみると5年連続で最高金賞も受賞している。

しかし、ヒット商品をタイムリーに開発できる理由は「機械による大量生産」ではなく「人の手による生産」なのだと、田中義剛社長は微笑んだ。

ゲストの「ヒロミ」さんの言葉通り、従業員の「人の手」による技術と共に、田中義剛さんはスゴイ社長だった。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

伝説の予言者が田中みな実アナの運命の男性を鑑定 [テレビ]

今夜の「芸能人の金銭感覚を調査SP(フジテレビ)」では、今年30歳の田中みな実フリーアナの私生活に迫った。

プライベートの手帳には「びっしり」と予定を埋める田中みな実アナ。その日の仕事と仕事のあいま、わずか4時間の中に、プライベート自分磨きとして、美容室、ヨガ、美尻トレーニングという3つの予定を詰め込んでいた。

友達はドタキャンするが、美容室などの予定は「決して裏切らない」と意味深なコメントを残した田中みな実アナ。

そんな田中みな実アナが、大の仲良しだという前田敦子さんと「占い」の約束で待ち合わせをした。

現在、占いの予約が2か月待ちだという男性鑑定士の「はる」さんが登場した。

沖縄では「ユタ」と呼ばれる霊媒師で、ロンブー淳さんの結婚をピタリと言い当てた「伝説の予言者」なのだそうだ。

その伝説のユタが、田中みな実さんを鑑定した。

田中みな実さんにとって、今年は10年に1度の異性に出会う運気だそうで、今年12月までに10歳年上のイケメン男性に出会うという。ユタが語った詳細については、田中みな実さんは硬く口を閉ざした。

その後、同じく鑑定してもらった前田敦子さんは、5歳年上の男性に出会う運気に入っているらしい。

当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦(はっけ)の占いだが、時期と相手の年齢をこうもはっきりと語らうと…ロンブー淳さんに続いて当たりそうな予感がする。

すぐにできる電話占い











nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

獺祭!日本酒革命のデータ化とIT時代 [テレビ]


今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は、日本酒の革命児とされる「獺祭(だっさい)」の話題。

かつて安倍首相がオバマ元米大統領にプレゼントした日本酒だけに、海外での評価も高い。


「獺祭」は、もともとの地元の山口県では「日本酒は安けりゃえぇ(良い)」という気概が強く、全くウケず、売れなかったという。


そこで、東京に住んでいる山口県出身者をターゲットに売り込んだそうだ。

「東京に住む山口県民ならば、地元の味を美味しいと飲んでくれる」当時の桜井社長(現会長)の読みは当たった。

旭酒造の売り上げは右肩上がり伸び、年間108億円の売り上げにまで成長した。


そして目立ったのはその「こだわり」。

かつて日本酒は「杜氏(とうじ)」と呼ばれる職人さんが「勘」と「経験」だけで「美味い」日本酒を作っていたのだが、これをパートの女性検査員の分析力によって、全てをデータ化した。

そして製造された日本酒の「臭い」部分など、気になる部分は徹底的に潰して販売する。

外観パッケージの売り方にまで「しつこい」狂人のような「こだわり」が、「獺祭」のブランド力を強靭に仕上げている。

「(クセのある)日本酒が嫌い」という人ほど、「獺祭」のユーザーとして大歓迎らしい。

伝統の職人技を排除するのではなく、現在のIT技術にコラボさせることで、今までにない革命的な技術へと変貌させている。

本社ビルと自宅玄関のドア1枚をまたいで、わずか5秒で出勤できるという桜井会長の「日本酒が好き」という言葉と笑顔が、「獺祭」の印象を強めた。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

長瀬智也の埼玉出身女子を当てる特殊能力 [テレビ]


今夜の「櫻井・有吉THE夜会(TBS)」に出演したTOKIOの長瀬智也さんが、池袋を舞台に驚くべき能力を披露した。

長瀬智也さんは「埼玉出身」の女子が好きだという。その理由は「埼玉出身」をコンプレックスとしていて「埼玉出身」であることを言いたがらないところが「可愛い」のだと語った。

そして「埼玉出身」の女子を見て当てることができるという能力を披露した。

池袋の街を取材中に声をかけた女性二人に「出身はどこですか?」その質問に、双方共に「埼玉」と答えた。

長瀬智也さんは「やっぱり」というドヤ顔。

さらに別の二人の女性の内、アイスを食べる片方の女性だけが「埼玉出身」であると豪語した。

答えは正解だった。ちなみに隣の女性は秋田県出身で、長瀬智也さんはピタリと言い当てた。

2つの女性グループを言い当てた長瀬智也さんの自信に満ちた「特殊能力」は本物だと思えた。

ところでそんな能力を持つ長瀬智也さんに、司会の櫻井さんは(事務所の先輩である)長瀬さんに「1回でも事務所を辞めたいと思ったことはある?」と真顔で質問をした。

「う~ん」と一息ついて、長瀬智也さんは「ガチであるよ」と答えた。

過去に「アイドル的にみられる」、「会社的にはこうしなさいという制約」のプレッシャーの中、それでも「これでだめなら、どうなっても(辞めても)いいや」という思いがあったという。

長瀬智也さんらしい「ふっきり」ある「男らしさ」を今夜は見ることができた。ありがとう。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

最終兵器ガンバレルーヤ [テレビ]

内村光良さんが(おかずクラブに次ぐ)「最終兵器」と讃える女芸人コンビ「ガンバレルーヤ」の二人がブレイクを予感させる。

「最終兵器」という言葉は、今月6月10日放送の「内村てらす(日テレ)」での話題だそうだ。

よしもとに所属する「ガンバレルーヤ」の二人は、「まひる」と「よしこ」のコンビで、現在は「内村てらす」のレギュラーを務める。

コンビ漫才では「まーちゃん」「よっちゃん」と呼び合う二人の結成は2012年で、今朝のZIP(日テ)で、天然的なポテンシャルに加えて「二人の仲の良さ」がひと際目立った。

そもそも、二人の馴れ初めは同じマンションに住んでいたことがきっかけだという。
この二人の出会いはNSC(吉本興業)入学前だそうだ。

たまたま出会った二人は2012年の結成から、熟成期を経て5年後の今年、東京進出を果たしてレギュラー番組出演している。

二人の野望が5年前からのものであるかは不明だが、大きな可能性を予感させる女芸人コンビであることは間違いなさそうだ。

周りを見渡せば、隣にいる友人は、明日の武器となるかも知れないし、最終兵器にまで成長する可能性があるかも知れない。出会いは必然なのかも知れないが、友達は大切にした方がよさそうだ。










nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

無責任の森田お天気キャスターのしくじり [テレビ]

今夜の「しくじり先生(テレ朝)」は、少しいつもとは違った感じの内容だった。

今ではお天気キャスターの森田さんこと森田正光さん。

もともとは名古屋の局にいたそうなのだが、通常10年程かかるというお天気キャスター業界において、異例の出世チャンスに恵まれて東京に研修になったそうだ。

ところが、担当したラジオ放送局で、異例の3回放送事故を起こしてしまった。3回とも、1分間の無声放送を起こしてしまったという。

1回目はマイクのスイッチオフに気付かずに無声放送。その1か月後には放送ブース間違えで無声放送。3回目は電話対応に真摯に対応していて、まさかのお天気放送時間が終わってしまって無声放送。
この結果、森田の名前では受付けないという局側からの「出入禁止」となったそうだ。

この後の対応は司会者とのコンビ放送で、「土居まさるさんとのアドリブ名勝負」として一役目に止まる存在になったという。
土居まさるさんの「明日のお天気はどうなりますか?」との問いかけに、
「う~ん。良く分かりませんね」と真顔で答えたという。また「週末(の天気は)はどうなりますか」との問いには、
「野球を見に行こうと思っています。」と真顔で答えたという。これは決してボケでは無かったという。なので決して嘘つきなのでは無かったという。

つまり正直に対応しただけらしい。


もともとは「私のせいじゃない」という仕事への無責任な態度がたたった結果だったのだが...それがきっかけでリスナーからの人気を得たという。

最近は「責任感」というプレッシャーに命を絶ったという悲しい選択のニュースも流れた世の中。

決して「無責任」という言葉が、人の人格までを否定する権利を持つことは無いのだから、勇気を持って自分自身という個性を貫くことは、決して悪いことでは無いのだと思う。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ブルゾンちえみwithBの二人解禁でついにしゃべった。 [テレビ]


昨年末から今年元旦の一夜にして一気にブレイクした芸人と言えば「ブルゾンちえみ」と「withB」ことブリリアンのコージとダイキのオトコ、二人。

今夜は「行列のできる法律相談所(日テレ)」で初めて満面の笑みで笑った。

どうやら今夜はついに二人のシリアス路線が解禁となったそうだ。今日からフリートークできるようになったそうだ。

「行列相談所」のレギュラー陣とゲストのトークに、素直に満面の笑みで「笑える」「嬉しい」と放った。


決められたこと以外は「しゃべるな」、「笑うな」という制約でこの半年、オトコ、二人は相当にストレスが溜まっていたようだ。


ブルゾンちえみ本人ですら知らないという、ブリリアン(withB)二人のプライベートに、今夜はテレビが初めて迫った。

金髪のコージさんが住む部屋の家賃は5万9500円。一方の黒髪のダイキさんは6万円代だが差はあまり無かった。

ところでアメフト1位を経験したというコージさん、飛行機に乗る時は常に遺書を持っていることがわかった。

ブルゾンちえみさんとの馴れ初めは「(ちえみさんが)二人を知らないから、とりあえず(服)脱いで」。そして一言「合格」になったそうだ。

withBの二人の制約は「新車の自動車」で例えれば「ならし運転」だったかのように、リミッターが無くなったコージとダイキの二人のオトコは、大いに仕事を楽しんでいたようだ。

制約が無くなった無敵の二人のオトコの躍進は、今夜始まったばかりだ。










nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

りゅうちぇるチェコで楽器!大歓声浴びちゃった。 [テレビ]


今夜の「ニンゲン観察!モニタリング(TBS)」で、「りゅうちぇる」が「ペコ」ではなくて「チェコ」という国に行った。

現地でのテーマは「大道芸人」を目指すというもので、路上で「ハングドラム」という金属製のドラムのパフォーマーの男性に弟子入りするという無謀なものだった。

コミュニケーションは「りゅうちぇる」のカタコトの英語であったが...「練習(practice)したい」、「ショー(Show)を一緒に(together)」という言葉と、

弟子になりたいという思いから「I am your son(私はあなたの息子です)」という言葉で、パフォーマーは吹き出してしまった(笑)。

そして、当初は20分で「もう帰れ」と言わんばかりの練習に、パフォーマーも「公園で練習しよう」という流れになって「りゅうちぇる」ひたすらハングドラムを練習した。
最初はパンパン叩いて怒られた「りゅうちぇる」だが、「Soft(優しく)」という言葉に沿って、時折、優しい音色をたたき出しだ。

そして、ついに200人程度が集まる路上で、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ音楽を奏でた。
もちろん、完ぺきでは無かったが「りゅうちぇる」の初めての演奏に、大歓声の拍手を浴びた。

時折見せる「りゅうちぇる」の真剣な「まなざし」と、ひたすら打ち込む練習風景には、誰もが心をひかれたかも知れない。

音楽が国境を超えた瞬間だ。

りゅうちぇるの最後の一言は「大歓声、浴びちゃった」で幕を閉じた。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

3回も死にかけたプロ・プリンセス天功のネタとは? [テレビ]

今夜の「マツコの知らない世界2時間SP(TBS)」は、第2部にイリュージョニストのプリンセス天功さんが出演された。

6歳の幼少期に、天功さんは18歳までしか生きられないと、死の宣告をアメリカの医師によって受けたという。その後、天功さんの母の「幼稚園も辞めて良いから、好きなことをやりなさい。」の言葉で、日本に帰国して、初代引田天功さんに出会ったことが始まりだそうだ。

ところで番組が始まって早々、出鼻をくじかれたのが、3回も死にかけて救急車で運ばれたネタの話だった。

それは水槽の中で、鎖と手錠に水中でつながれる、華やかな印象の強い大脱出イリュージョンだったのだが、幕が下りて、心肺停止の状態から人工呼吸で生き返ったというイリュージョンだったそうだ(しかも3回)。

また、北朝鮮に招待された際の水槽イリュージョンの要望に、エビアンのペットボトル2トン分がプレゼントされて、使用されたという。金書記から、水が日本と違うから「肌が荒れないように」との心遣いだったそうだ。

プリンセス天功さんいわく、水の中の本人は、本当に「見えない」そうで、そんな中で、ガチガチの手錠と鎖を自力で解くということが、どんなに苦しくて危険なことであるのかが伝わった。

また、一回目のダイナマイト爆破イリュージョンでは耳の鼓膜が破け(3回鼓膜を張りかえた?)、刃物イリュージョンでは実際に刃物16本が身体に刺さったなど、どれも危険な体験ばかりあったという。

天功さんはイリュージョンで、「死んではいけない」でも「生きてもいけない」、だから「そのギリギリを行け!」と教わったと語った。

ところで昔は、権力者が、その「力」を誇示する為に、イリュージョンを使用したという歴史があるそうだ。

また、「月」の土地を購入しているそうで、ウサギがついている「うす」に見える部分は、プリンセス天功さんの土地だそうだ。

今夜のプリンセス天功さんが語る「イリュージョンの世界」では、まだまだ衝撃の真実が語られそうだ。









nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

30年連続で増収増益の企業のマル秘を取材 [テレビ]

今朝の「がっちりマンデー(TBS)」のテーマは分かりやすいが、続けるのが困難とも思える「30年連続の増収増益企業」。

お馴染み森永卓郎さんと、石原良純さんをゲストに迎えての、最初の話題は30年連続増収増益企業ランキング1位のニトリ。

1年目は100億円の売り上げからスタートし、30年目は5129億円の売り上げで、30年間右肩上がりだそうだ。
それでも似鳥会長曰く、ピンチはあったそうで、その都度乗り切る方法を考えることで、筋肉質の企業に強化されるのだという。

ニトリ以降の企業としては、名前こそあまり知られていない連続増収増益企業が紹介された。

1)岡山県、倉敷市にある大黒天物産は、ディスカウントスーパーで中国・四国地方を中心に111店舗を展開する。
1年目の売上3億円以降、100億円(16年目)、1000億円(27年目)、1500億円(30年目)と、30年間右肩上がりで増収増益だという。

こちらのスーパーの扱う商品は、コーヒー1缶25円、うどん1玉15円、6個入りたこやき100円など、破格と言う値段だ。

破格の理由は、「商品を絞って」の「爆買い」だそうで、例えば5袋入りのインスタントラーメンであれば、「しょうゆ味」のみに絞ると言ったことだそうだ。また、自社商品である500g入りヨーグルトは、プラスチックの上ブタを無くすことで5円のコスト削減をして、1個98円で提供している。

耳にボールペンが刺さった大賀社長を筆頭に、ライバル社Bの餃子8個で213円に勝つ商品として、餃子8個100円の商品を目指していた。ちなみに純粋な味の試食会で、価格が350円を超えるライバル社Aの餃子の評価が0人だったのも面白い。

100円餃子の味は、まだまだコクの改良が必要だそうで、社内試食会での評価は厳しかった。

2)㈱タイセイ
1年目1400万円売上後、18年目に48億円を売り上げるタイセイは、ケーキ屋さん向けの「包装材料」を扱っている。また、メロンパンに網目模様をつける道具などの商品も持っている。
また、他社では2000個などの大量販売商品も、タイセイでは1個11円から販売を行っているそうで、お試しで購入したいケーキ屋さんは助かると話されていた。

しかし、2010年の「コンビニスイーツ」の登場によって「ピンチ」を迎えたタイセイは、お菓子作りを行う「主婦」を新たな顧客に迎え入れた。
ちなみに石原良純さん曰く「小学生のなりたい職業ランキング1位」は「パティシエ」らしい。

タイセイは新規顧客を開拓して、増収増益記録を更新している。

3)HUB(ハブ)
英国パブスタイルを方針として、1年目7億3千万円の売り上げから始まり、18年目で95億円を記録したそうだ。

その秘密は、21時以降の2次会3次会客をターゲットにしている点らしい。

また「キャッシュオン・デリバリー・サービス」という「現金前払い」スタイルは、
飲みたい客は、自分の分だけ現金前払いで都度注文するという。

そして、メニューの8割はアルコール類で一つ390円からとなる。残り少ないフードメニューが2割を占める。

このように、増収増益を連続更新する企業には、企業理念と創意工夫が必ずあるようだ。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ