So-net無料ブログ作成
検索選択

40代日本人女性の敏感肌を華色に引き出す、美容液みたいなBBクリームの1位は? [美容]

アラフォーやアラフィフといった流行を先取りした言葉と共に、
東京都知事をはじめ、多くの大人の女性が輝く時代が、ついに幕を開けた現代。

そんな女性たちをとり囲む男性陣の視線とは裏腹に、

敏感な肌を持つ繊細な女性陣にとっては、
一瞬たりとも気が置けない毎日に、一人、悩まれているかも知れません。

男性代表の私がそう感じたのも、最近のBBクリームについて検索していて、下記サイトを目にしたからでした。

BBクリームの「BB」の意味が「Blemish(気になる部分)」の「Balm(保護)」の略だったことも知りませんでした。それに、韓国コスメのBBクリームの「厚塗り」イメージの印象が強かった理由も理解しました。

大人の日本人女性ならではの、敏感なお肌に合ったBBクリーム探しは、種類が豊富にありすぎて、どれが良いかは本当に迷ってしまいそうです。

実際に試すトライ・アンド・エラーでは、自らのお肌をリスクに捧げて、トラブルを招くのが関の山でしょう。

ちなみに下記サイトでランキング1位のBBクリームは、お肌を隠さずに華色へと引き出す新発想で、まるで美容液のようだと紹介されています。

あなたが忙しい毎日に押しつぶされそうで、もしご自分のお肌に合ったクリームをお探しであれば、下記サイトをご覧頂いてはいかがでしょう。
BBクリームおすすめランキング










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

汗かき人の雪焼け・日焼け止め対策は? [美容]

炎々と照り付ける”夏場の太陽”の陽射しにさらされた海水浴。気づいた時には”真っ赤な”肌の”痛ぁ~い”日焼け。冬は冬で、スキー場の雪焼けに照らされて火照る顔。

“汗かき人”の私にとっては、痛い紫外線から守ってくれる日焼け止めクリームは“気休め”で、汗はダラダラ、身体は火照るわで、ほとんど諦めていたのですが…「飲む日焼け止め」というのがあるようです。

そもそも、直接肌に塗る日焼け止めクリームは、含まれる有効成分にタイムリミットがあるそうなんです(だからクリームを塗ったのに、何故か日焼けしてしまうわけだ)。

また肌に直に”刺激の強い成分”が含まれるクリームを塗るので、肌荒れには直撃です。さらに、水や汗に強いとされるウォータープルーフタイプの日焼け止めは、肌荒れ予防を目的とするクレンジングでは落ち辛く、逆に肌への攻撃性が高い”強力”な洗顔料が必要となり、全くもって悪循環です。

こういった観点から「飲む日焼け止め」には様々なメリットがあるようです。
メリットというより、むしろ「合理的」という言葉がピッタリかと思います。

「飲む日焼け止め」のメリットに関する情報は、下記サイトで詳しく書かれています。厄介な日焼け止め対策に、ご一読されてはいかがでしょう。

おすすめの飲む日焼け止めランキング










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容