So-net無料ブログ作成

40代主婦が実体験で選んだオールインワンジェル5選 [美容]

化粧水に乳液、美容液にクリーム、これらの機能が、
たった一つのジェルに凝縮されたのが、オールインワンジェル。

「オールインワンジェルを朝晩の洗顔後にひと塗りすれば、
 お肌のケアはばっちり。」
なんてフレーズを目にしたら、お肌のケアも忘れてしまうほど、
毎日の忙しさで溢れかえっている40代の主婦や女性の方々には、
とてもとても「魅力的な言葉」に聞こえてしまいそうです。

でもオールインワンジェルという商品は、様々な企業が販売されていて、
その象徴として「オールインワンジェル」というキーワードで検索すると
実に329万件の検索結果が現れます。

これらの情報一つ一つを確かめたり、
あるいは多すぎる情報を目に途方に暮れたりする前に、
同じ悩みを持つ40代主婦の方が、実体験に基づいた商品を、具体的に、
しかも分かり易くまとめられて情報を発信されていたら、
どんなに有意義な1日になることでしょう。

下記サイトでは、40代主婦の方による実体験に基づく
5種類のオールインワンジェルについて、
商品の具体名を掲げて、
保湿力、ハリ、シワ、シミ、そばかすに対する効果と、
成分内容、そして価格といった要素について、
しっかりとレビューがされています。
また独自にランキング分けもされています。

忙しさを言い訳にしない、全ての40代女性の為に、
下記サイトを参照されてはいかがでしょう。
オールインワンジェルのランキング

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

美容外科女医監修、ピンクのニキビ化粧水 [美容]

誰もが経験する嫌なニキビは「若さ」の証?でも、女性なら誰でも自慢の「すっぴん肌」に憧れるのでは?

湘南美容外科クリニック、新宿本院美容皮膚科の藤瀬女性医師監修のもとに開発された最新のニキビケア化粧水「ルメディカ」。
まず目に飛び込んでくるのは、女性らしさを感じさせる「ピンク色」のボトル。
yjimage.jpg

でも、華やかなピンク色は、実は「化粧水」の色なんです。

このピンク色の理由は、女性医師ならではの新発想で配合された、濃厚たっぷりな「金」の証です。

この「金」には強いバリア作用があって、ニキビの原因となる菌をブロックするのだそうです。
まさに「金」で、ニキビの原因となる「菌」を制すわけです。

この最新のニキビケア化粧水「ルメディカ」の良い点は、ローションタイプでサッと塗るだけ。1回わずか5秒のニキビケアなのですが...、

唯一、欠点があるとすれば最低でも1か月程度「継続」しなければならないということでしょう。

通常は100mLボトル1本で5480円ですが、継続購入しやすいように、買えば買う程に購入価格が値引きされる定期購入が用意されています(最大で45%OFF)。

また、医薬部外品ですが、厚生労働省認定品です。

悩まれているのであれば、まずは1回5秒の下記ニキビケアを始められてはいかがでしょう。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

野菜ジュースはダメ? グーリンスムージーが優れる理由と厳選5選 [美容]

女性にとって「美」と「健康」はいつの時代も、とても大切な要素。

特に忙しい30代、40代の主婦の方なら、ついつい「あきらめがち」になってしまうかも。

でも、美味しくて簡単で、しかも低価格で続けられる粉末グリーンスムージーならば、あなたの思いを叶えてくれることでしょう。

ところで「ほうれん草」などの野菜ジュースは健康的に思えるのですが、濃縮還元をする際の加熱処理によって、せっかくの豊富なビタミン栄養が溶け出してしまうようです。

だから「生の葉野菜」中心に作られたグリーンスムージーが優れているようです。

また忙しい毎朝、新鮮な葉野菜をミキサーにかけてスムージーを作るのも、コストや時間を考えたら、とても長続きしそうにはありません。

ならば、水や牛乳でさっとできる粉末グリーンスムージーならば、時間は解決できそうです。

あとは、コスト、味、素材の種類や成分、カロリー、信頼できる食品か?という5つの要素が、良いグリーンスムージーを選ぶ基準となるそうです。

では「良いグリーンスムージーはどれ?」という疑問に、下記のサイトで詳細に書かれたランキング5選の中に、その答えはありそうです。

スマホとネットがある今の時代に生きる私たちなら、いつでもどこでも簡単に「良い食品」を見つけ出せるのですから、私たちはとてもラッキーです!
グリーンスムージーおすすめランキング









40代日本人女性の敏感肌を華色に引き出す、美容液みたいなBBクリームの1位は? [美容]

アラフォーやアラフィフといった流行を先取りした言葉と共に、
東京都知事をはじめ、多くの大人の女性が輝く時代が、ついに幕を開けた現代。

そんな女性たちをとり囲む男性陣の視線とは裏腹に、

敏感な肌を持つ繊細な女性陣にとっては、
一瞬たりとも気が置けない毎日に、一人、悩まれているかも知れません。

男性代表の私がそう感じたのも、最近のBBクリームについて検索していて、下記サイトを目にしたからでした。

BBクリームの「BB」の意味が「Blemish(気になる部分)」の「Balm(保護)」の略だったことも知りませんでした。それに、韓国コスメのBBクリームの「厚塗り」イメージの印象が強かった理由も理解しました。

大人の日本人女性ならではの、敏感なお肌に合ったBBクリーム探しは、種類が豊富にありすぎて、どれが良いかは本当に迷ってしまいそうです。

実際に試すトライ・アンド・エラーでは、自らのお肌をリスクに捧げて、トラブルを招くのが関の山でしょう。

ちなみに下記サイトでランキング1位のBBクリームは、お肌を隠さずに華色へと引き出す新発想で、まるで美容液のようだと紹介されています。

あなたが忙しい毎日に押しつぶされそうで、もしご自分のお肌に合ったクリームをお探しであれば、下記サイトをご覧頂いてはいかがでしょう。
BBクリームおすすめランキング










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

汗かき人の雪焼け・日焼け止め対策は? [美容]

炎々と照り付ける”夏場の太陽”の陽射しにさらされた海水浴。気づいた時には”真っ赤な”肌の”痛ぁ~い”日焼け。冬は冬で、スキー場の雪焼けに照らされて火照る顔。

“汗かき人”の私にとっては、痛い紫外線から守ってくれる日焼け止めクリームは“気休め”で、汗はダラダラ、身体は火照るわで、ほとんど諦めていたのですが…「飲む日焼け止め」というのがあるようです。

そもそも、直接肌に塗る日焼け止めクリームは、含まれる有効成分にタイムリミットがあるそうなんです(だからクリームを塗ったのに、何故か日焼けしてしまうわけだ)。

また肌に直に”刺激の強い成分”が含まれるクリームを塗るので、肌荒れには直撃です。さらに、水や汗に強いとされるウォータープルーフタイプの日焼け止めは、肌荒れ予防を目的とするクレンジングでは落ち辛く、逆に肌への攻撃性が高い”強力”な洗顔料が必要となり、全くもって悪循環です。

こういった観点から「飲む日焼け止め」には様々なメリットがあるようです。
メリットというより、むしろ「合理的」という言葉がピッタリかと思います。

「飲む日焼け止め」のメリットに関する情報は、下記サイトで詳しく書かれています。厄介な日焼け止め対策に、ご一読されてはいかがでしょう。


おすすめの飲む日焼け止めランキング










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容