So-net無料ブログ作成
検索選択

森永卓郎、二重ギャラのネタ真相 [テレビ]



今朝のがっちりマンデー(TBS)の主役は森永卓郎さん。
そしてゲストはというと、やくみつるさん。

ところで、この2人は友達ではないが「(オタク)仲間」とのことで番組がスタートした。


さて、毎回、番組後半でささやかれる、森永卓郎さんのお馴染みのセリフ、
「CM②のあとで」の「儲かりネタ情報」の真相に、今日は迫った。

検証に登場した企業は次の4社。

①ツジセイ製菓(検証○)
香川県は高松市にある「お膳立て企業」としてのネタで、

熊本ミルクパイ、京都イチゴパイ、宮崎のマンゴーパイなど、
全国のお土産の"黒子"として存在している企業だそうだ。

そして、テレビ初公開だという禁断のお土産工場内へと取材が潜入した。

そこで作られていた全国のお土産用の「クッキー」は、
その大きさと味は全く同じものであることが公開された。

そして近年導入された「クッキープリンター」の印刷によって、
土佐の浪人クラブ、はろうきてぃ北陸新幹線、仙台うみの社水族館へと変わっていた。

ツジセイ製菓は年間25億円の売り上げで儲かっていた。

②フリー工業㈱(検証×)
東京都、台東区にあるこの会社は「ウッドスロープ工法」としての情報ネタだったが、
近年のバイオマス発電化や、気を切る為の職人さん不足で、材料となる木材が手に入らないことで、
そのビジネスはストップしてしまったという。
森永さんの情報ネタ影響は、残念ながら全く効果が無かったらしい。

ところが「デコメッシュ」という商品で儲かっているらしい。

デコメッシュは土砂崩れを防ぐ為の「斜面補強コンクリート」の壁を作る型枠となるもので、
従来の「重い木製のパネル」を並べて作る型枠に比べて、

1個6.8kgで「軽い」だけでなく、生コンを流し込んだ後、振動を与えると、
デコメッシュの網目から、余分な空気や水分が出て、コンクリートは均一に固まるそうだ。

③ジーエフシー㈱(検証○)
顧客は一流料亭まどの飲食店で、プロ専用の料理メニューを企画・販売している企業だ。
メニュー開発に携わるスタッフも。もともとは有名店で働いていたという料理人。

あえて(機械で作ったように)「綺麗すぎない」で「不揃いなところ」を盛り込むことが難しそうだ。

ここでは、森永さんの情報ネタによる「問い合わせ殺到」が巻き起こり、
ジーエフシー㈱では、森永さんを招いての講演会が行われたのだという。

すかさず司会の加藤浩次さんから「ギャラの二重取り」だと批判され、
「これは怖いな~」という加藤さんからの「(こういったことは)たまにあるんですか?」

との問いに「う~ん」と黙ったあとで「めったにないです」と回答してしまった。

やはり”たまに”あることがバレてしまった。

④㈱キッチハイク
東京都、台東区にある二人のイケメン・ダブル社長の企業で、
外国人観光客が「日本のお宅」で食事をするというビジネスモデルを展開したのだが、

せっかく気にいて頂いたのに、しょっちゅう旅行はしないことから、
リピーターの確保が難しいという問題で「儲かってはいなかった」そうだ。

だが、ビジネスの形をちょっと変えて、売上は10倍になったという。

キッチハイク主催者が「ごはん会」を企画して、その会費を徴収するというビジネスを展開しているという。

会費の10%を手数料として頂くビジネススタイルで、
参加者は「美味しい料理を食べられる」、「料理の作り方を学ぶ」というメリットで、
毎月200回ほど行われているという。

参加者の中には「家庭の味に飢えている独身男性」もいた。


最後に、次の儲かりネタとして、
「ジャパニーズクラフトジン」という商品が紹介された。

焼酎ブーム、ウィスキーブームを経て、
ジンに日本ならではの「香り(例えばお茶、桜)」をのせて、

下半期にジンブームは「絶対来る」と豪語した。

今回、勝率5割の森永卓郎さんの儲かりネタは当たるかも知れない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ジャパニーズクラフトジンとは?












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

2017年09月15日のつぶやき 2017/09/16


nice!(2)  コメント(0) 

2017年09月14日のつぶやき 2017/09/15


nice!(2)  コメント(0) 

2017年09月13日のつぶやき 2017/09/14


nice!(3)  コメント(0) 

ReNのギターと才能とひとり舞台 [注目]

今朝のZIP(日テレ)で紹介された、23歳という一人の若き日本人の男性シンガーソングライターに魅せられた。

彼を一言で表すなら「純粋な才能」だろうか。

「天才」という言葉では、どこか遠い存在のようで、彼の魅力にはかなわない気がする。


ReN(レン)さんは、UKミュージック(イギリス)に衝撃を受けた一人で、
わずか10代でイギリスへ単身で渡ったそうだ。

彼のスタイルはギター1本。

そして、ループステーション(Loop Station)という音楽機材を使って、ビートやコーラスを加えて、重ねていく。

ここ数年の経歴は、
2015年、関東を中心として、1年間で102本のライブを行った「百戦錬磨2015」。
2016年、最初のアルバム「Lights」リリース。
iTunesオルタナティブ部門1位を獲得。
    同年12月のツアーファイナル(渋谷)のチケットは開催の2か月前に売り切れとなり、超満員となった。
2017年、Space Shower TVのForce2017に選出される。
    同年、ONE OK ROCKの「Ambitions」のツアー(福岡)に参加し、ギター1本でのひとり舞台で話題となった。
同年、2本目のアルバム「LIFE SAVER」が6月にリリースされた。

まさに、夢を真っすぐに追いかけているようだ。

そして何より、そのもの静かな雰囲気で繰り広げられる「ひとり舞台」のリズムに、
誰もが素直に「カッコいい」と感じることだろう。
Ren/LIFE SAVER












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年09月12日のつぶやき 2017/09/13


nice!(2)  コメント(0) 

ホームボタンの無いiPhoneテンの最大飛躍 [ニュース]

9月12日(火)、アメリカはアップルキャンパスにあるスティーブジョブスシアターで、アップル社のCEOであるティム・クック氏によって「最大の飛躍」として、iPhoneXが発表された。

ちなみにiPhoneXはアイフォン・テンと発音する。

初代iPhoneが登場してから10年目を迎えたアップル(故スティーブジョブス創業)。

iPhone8、iPhone8PLUS、そしてiPhoneXを発表した。

これまでのiPhone7に搭載されたCPUである4コア、A10プロセッサーではなく、

新型iPhoneには、超高効率の64bit、6コアのA11プロセッサーと新たな画像処理でさらに30%以上の速度を向上したという。


iPhone8(4.7inc)とiPhone8PLUS(5.5inc)の外観は、これまでのiPhone7のデザインを引き継いでいるが、ガラススクリーンの強度は50%向上しているという。

そして記念すべき10年目のiPhoneのベールを脱いだ5.8incのiPhoneX(アイフォン・テン)は、

ホームボタンが無くなり、スクリーンはボディいっぱいに広がり、指紋認証機能では無く、顔認識によって所有者を識別する。

世界的な販売開始は来月の10月27だそうだ。

今回の発表で、10年目のiPhoneXへの期待は、より一層、高まったようだ。










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2017年09月11日のつぶやき 2017/09/12


nice!(1)  コメント(0) 

2017年09月10日のつぶやき 2017/09/11


nice!(2)  コメント(0) 

2017年09月09日のつぶやき 2017/09/10


nice!(3)  コメント(0)