So-net無料ブログ作成

地味チェンジでがっちり変化した飲食業界 [テレビ]


今朝の「がっちりマンデー(TBS)」は意外な「地味チェンジ」の飲食業界の成功例が紹介された。

COCO壱のカレー屋さんには、最近、各テーブルに「コンセント」と「マンガ」を設置しているそうだ。

当然スマホやノートPCなどの「充電」に利用され、マンガによる長居で、客先回転率が落ちそうなのだが...実際は、店内にお客さんがいることで、安心して別のお客さんが入り、結果として集客率と売り上げがアップしたという。

ただし、忙しくて稼ぎ時の「お昼」は、マンガ棚はカーテンの奥に隠されてしまうと、森永さんが指摘した。

他にも、徐々に売り上げが下がっていたオリジン弁当の分析結果で、「女性客の減少」が原因だということがわかったらしく、
お客様スペースは広くして、食品トレーは幅を5cm縮めて30種類の品目を50種類増大する「地味チェンジ」の結果、ベビーカーを携えた奥様たちの客足が増えて、120%の売り上げに向上したという。

飲食業界ではないが、靴修理のミスターミニットは、腕時計の電池交換サービス、ヒビ割れスマホの液晶画面交換サービス(30分で終わるらしい)、ハンコ作りサービスを導入したというが、1店舗で全て一人が行う地味チェンジらしい。全てはお客様の声を取り入れたのだそうなのだが、一番難しい作業は、本業の靴修理だという。

一つのスキルを軸に、フレキシブルなちょっとした工夫が、大きな売り上げをもたらすようだ。












スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました