So-net無料ブログ作成

魅せるバレエ男子が増加中の日本。その理由に迫る [スポーツ]


2017年2月4日、ローザンヌ国際バレエコンクール(スイス)で、17歳の中尾太亮さん(愛媛県出身)が3位に入賞、15歳の山本耕陽さん(東京都出身)が4位のW入賞のニュースが流れました。
ところで、2011年の18歳以下のバレエ男子の数は5500人だったそうですが、2016年には7900人まで増えたそうです。およそ44%も増大しています。

今朝のZIPでは、その理由について迫りました。

格好いいイケメンバレエダンサーとして世界的に知られる、熊川哲也さん(北海道出身)も1989年に同じコンクールで日本人初のゴールドメダルを受賞している。

インタビューに応えていたバレエ男子の言葉には「熊川さんへの憧れ」の他、「勝負では無く、魅せる競技」という言葉が目立った。
また、2012年から中学校の必須科目に「ダンス」が取り入れられたことも大きく影響があるようです。

華やかでスマートな態勢から、美しく優雅に、時には跳躍して踊るバレエ。
悲しいことに、インタビューを受けたバレエ男子の中には「(男なのにと)同級生に笑われた」という話もありました。

多くの人の心ない言葉は、時に未来のトップ選手の夢をも砕いてしまうかも知れません。でも、その言葉を跳ね除けて得た栄光だからこそ、とても価値のあるものとして讃えられるのでしょう。

ゴールドメダルは、その他大勢の複数に与えることはできないのですから。












スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました