So-net無料ブログ作成

ウルフルズの死にそうだった気球 [音楽]


応援ソングを思い浮かべるなら、ZARDやゆず、大事MANブラザーズやロードオブメジャーなどをさしおいて、トータス松本さん率いる「ウルフルズ」が断トツではなかろうか。

1995年の「ガッツだぜ!!」、翌年の1996年の「バンザイ~好きでよかった~」など、その「力強い声」で「ストレートな気持ち」をぶちまける素敵なグループだ。

ウルフルズとして1992年のデビューから、今年で25年を迎えるという。

今朝のZIPでは、この25年間で、トータス松本さんが「死にそうだった」ライブの登場の仕方について語っていた。

それは気球にぶら下げられての野外ライブ登場だったのだが「気持ち悪いわ」、「怖いわ」、「食い込むわ」で死にそうだったと、当時の様子を大いに語っていた。

そして最新アルバム「人生」の収録曲では、当初12曲で満足していたトータル松本さんだったらしいのだが、飲んでいる際に人生への言葉のリクエストとして「バカヤロー」が生まれたらしい。

トータス松本さんは「人の話は素直に聞くもんやな」と語っていた。

25年間、前へ前へとガンガン攻めてきたウルフルズ。一つの節目を迎えたトータス松本さんは、どんな思いを乗せて「人生バカヤロー」をファンに届けてくれるのだろうか。












スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました