So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平均130万円、家族葬で死とお金に向き合う [生活]


つい先日、癌治療法で京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏、76歳のノーベル医学生理学賞の号外ニュースが飛びかいました。ですが、人間の死亡率100%は不変で、誰もがいずれ死を迎えます。ところで平均130万円程度という数字は、実は家族葬にかかる総費用の全国平均額だそうです。人それぞれ、お金に対するイメージが良いものか、悪いものかに関わらず、人の死とお金の関係は、無縁というわけにはいかないようです。

考えたくもない話ですが、人が死を迎える瞬間をビジネスとして扱う業者も存在していて、病院で身内の死を迎えた瞬間、すでに白衣姿で近くに忍び寄る葬儀業者もいるそうです。また、お世話になった病院から紹介される葬儀業者は、一般的に葬儀費用が高額で、上手く断る方法を知っておかないと、後にお金のトラブルを招くこともあるようです。てっきり看護師かと思っていたら、実は葬儀屋だったというオチもあり、うっかりペラペラと身内の事情を話すことも危険な行為です。

私自身も含めて、初めての喪主になったご経験が無い方は、今日が幸運との出会いになるかも知れません。突然、喪主になって、慌てふためいて、高額葬儀屋の良いカモにされてしまう前に、下記サイトで事前に、死とお金について向き合うことで、後の不幸を回避できるかも知れません。 
家族葬















スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。