So-net無料ブログ作成

本屋は本業で無くなる? 生き残りビジネス! [生活]

街中の本屋が消える時代。

こんな言葉が現実化している今日ですが、実際、2000年頃には2万1000店以上あった全国の本屋さんの店舗数は、2015年には約1万3000店舗にまで縮小しているそうです。

本屋さんが生きていけない理由の一つとして、万引きという犯罪のお話ももちろんあるでしょう。

でも、昔から万引きは存在していたでしょうし、仮にアマゾンGOなどで、完璧に万引きが無くなったとしても、本屋さんの店舗が消える現象を止める理由にはならないでしょう。

根本的な原因は、本屋さんで本が売れないからでしょう。

どのビジネスもそうですが、本業の商品が売れないのであれば、死に物狂いで売るか、本業を乗り換えるか?という選択肢が思い浮かぶでしょう。

こんな状況でも秘策があるとしたら、発想の転換かも知れません。

東京の豊洲の近くの東雲(しののめ)には、A PITと言う名のオートバックスがありますが、本がズラリと並ぶ店内には「本をご自由にお読みください」の文字があります。

A PITを訪れるお客さんにはクルマのメンテナンスに来るお客もいれば、家族ずれで店内のスターバックスでコーヒーを飲みながら、自由に本を楽しむファミリーの様子も見えます。

でもわざわざ、そんな素敵な本屋さんに行くのが苦手というのであれば、お持ちのスマホで雑誌を楽しむというサービスもあります。

ビジネスの困難は、きっと今に始まったのではなく、きっとはるか昔から、今当たり前にあるビジネス、が少しずつ変化しているのが生き残りの手段なのでしょう。

本屋さんが生き残りをかけてあみだしたサービスの一つ、毎月定額で、400誌以上が読み放題になる、下記の雑誌読み放題サービスを、無料で始めてみるのも良いかも。


















スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。