So-net無料ブログ作成

日産リターン劇のゴーン会長逮捕劇、シナリオの根本的疑問に気づいてしまったが [事件]


日産がe-POWERシリーズを投入したのが2016年11月。あっという間に、日産のノートが月間販売台数1位に返り咲いたのが30年ぶりというニュースが話題になって、わずか2年もの間にe-POWERシリーズはコンパクトカーのノートも販売台数1位、セレナe-POWERもミニバンで1位という快挙で躍進中だった矢先、突如沸いたのがゴーン会長の逮捕劇。

まるで復活した日産には、もうワンマン社長のゴーン会長は不要だぁ!てなばかりに、悪者呼ばわりの連日の報道ニュース。

ここでふと沸いた疑問なのですが...ゴーン会長は6か国語を話すのに、日本語レベルはイマイチとの噂。そんなゴーン会長に、果たして50億円もの所得を隠すための手続きを、それも秘密裏に行えたのか?と疑問に思ったのは、日本人口1億2千万分の1の私だけだろうか?世界人口なら70億人分の1の私だけが疑問に思った?というのが、人よりも素直さだけには長けている私だけ?というのが、そもそもの疑問なのです。

あらゆる翻訳ツールを使用したとしても、日本のお役人を欺く文書を、ゴーン会長自らが作成できたということも疑問として思えば、同じく容疑者とされるケリー氏の日本語レベルも良くわかりません。ただ、経営難に陥っていた日産を立て直す為に、2万人以上をリストラしてきたゴーン氏を快く思わない人々は数知れないことも事実だとは思います。ゴーンさんは、本当に50億の所得を隠す必要があったのでしょうか?私には全く理解不能な状況です。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

実録詐欺の羽振りが良い知り合い [事件]

もし、あなたの周りに「羽振りの良い知り合い」が近づいてきたら、「詐欺」を疑った方が良いかもしれない。

今夜の「土曜あるある晩餐会(テレ朝)」は、実際に騙された芸能人、被害総額4億8130万円という内容だった。

騙された芸能人に名を連ねたのが、川合俊一さん、池谷幸雄さん、はるな愛さん、内山信二さん。

1)「騙された」と、後に発覚した「詐欺師」たちに共通しているのが「知り合い」だったという。

 川合俊一さんは、自身が経営する会社の税理士として、5年程雇っていた人に騙されたという。
 
 もし、通帳と印鑑を預けてしまっている人がいるならば、すぐに専門機関に相談した方が良さそうだ。
  

2)それらの「詐欺師」たちは、共通して羽振りが良く、いかにも「私は儲かっています」という身なりでいるという。そして「知り合い」という「安心感」は、詐欺師にとっては最高の武器となる。

3)それらの「詐欺師」たちの肩書は「社長」、「会計士」、「弁護士」、「税理士」という、「まさか」と思う肩書だ。
 これも相手に「詐欺師」であることを悟られない為の上等手段ということになる。

内山信二さんは、共通の知人社長を介して、とある「社長」と出会う。銀座の飲み屋で良く「おごってもらった」らしく、後に「タイでゴムの木を育てる」という、その詐欺師社長の投資話に乗ってしまったという。
100万円を出資し、毎月、タイの「ゴムの木」が育っていく写真が送られてきたというが、突然連絡が途絶えたという。その時はすでに電話はつながらず、知人の社長は2000万円の被害にあっていたそうだ。

怖いことだが、自分名義の借用書と印鑑が「知り合い」によって勝手に作られて、2億円の借金を背負ったというはるな愛さんに、池谷幸雄さんも1億円の被害。

せっかく倹約しても、詐欺にあっては身も蓋も無いので、まずは「疑う」ことも大切だ。

また北村弁護士の「もし詐欺師が逮捕されていたら、被害額が小さくなれば、その詐欺師の刑も軽くなってしまう」。「だから警察へ被害届を申請しましょう。被害届申請にお金はかからないのだから」という言葉は勉強になった。












nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

渋谷で逮捕された田中聖、釈放の決め手は裸の大麻 [事件]

先月、渋谷区の路上で元KAT-TUNのメンバーである田中聖(たなかこうき)さん31歳が大麻所持で逮捕という、衝撃のニュースが日本を駆け巡った。

それから一転、釈放というニュースが再び駆け巡った。

警察の尿検査では大麻成分が検出されたにもかかわらず、釈放とは何だろう。

そもそも「大麻取締法」には無免許での大麻取り扱いを禁止することを大きな目的としているらしく、大麻の使用に関する罰則ではないらしい。

そして、田中聖さんが所持していたというのが「裸」の状態の微量の大麻ということで、指紋の検出ができなかったことが大きな決め手なようだ。

また、「自分の物ではない」という証言も後押ししているようだ。

これがもし、袋に入った大麻に、田中聖さんの指紋があれば、状況は180度違っていたことだろう。

芸能人に関わる薬物使用の問題は、今回に限らず目立った報道の記憶が強い。

実際のところ法律において基準を満たすかどうかで、満たさない場合には本人の自白によるようだ。

ファンとしては、信じたい気持ちが大きく、もし裏切られた結果となれば、そのショックは計り知れないだろう。

とは言え、本来は車内には「無いはず」の大麻があったこと自体は疑惑を増大させてしまう。

火の無いところには煙はたたずかな。










nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能