So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

笑顔みやぞん、 24時間の歴史に人生のトライアスロン。涙のゴール!お疲れ様。 [テレビ]

毎年恒例となった「24時間テレビ、愛は地球を救う(日テレ)」が昨日、無事終了しました。
今年も、また新たな記録と思い出が歴史に刻まれました。

一昨日午後9時16分、アスリートのような長身に、白色Tシャツにの白色半キャップを纏った、終始笑顔のみやぞんさんは、3種目目となる100kmマラソンをスタートしました。今年の24時間テレビの目玉は、みやぞんさんによる、1.55kmスイム(海を水泳)と60kmバイク(自転車)が加わった過酷なトライアスロン形式。

1種目目のスイム、2種目目のバイクを終えて疲れた身体に鞭を打ったみやぞんさん。

今年の100kmマラソンは、スイムとバイクを合わせると、総距離160.55km。そこに容赦ない猛暑も加わりました。その苦痛は、本人しかわからないであろう”辛さ”が、重たい足取りと悲痛な表情から、お茶の間にも伝わるほど、実際、予定よりも1時間の遅れもあるほどでした。

暑さと疲労で、全てがスローモーションに見える映像の中で、みやぞんさんを囲んで一緒に100km完走を目指すスタッフの姿と、更にその周りで声援を送る沿道の人々。そして、時折みやぞんさんの魅せる笑顔に、どれだけの人が元気をもらったことでしょう。また、”楽しかった”と語った、疲れ切ったみやぞんさんのコメントも印象的でした。

一つに重なった多くの人の心と、みやぞんさんの笑顔パワーを、それを支える声援による”大きなチカラ”を垣間見ました。見えない心の声援は、直接の声、歌というメッセージ、色々なカタチとなって、一つにつながりました。

昨年のブルゾンちえみさん同様、今後のみやぞんさんのご活躍は、より一層加速するでしょう。

毎年、日本から世界に向けて”元気”を発信する24時間テレビ。本当にお疲れさまでした。今年の猛暑も乗り切れそうです。勇気と元気とココロの感動を、ありがとうございました。













nice!(2)  コメント(0) 

川島邦裕の深イイ話 [テレビ]

今夜の深イイ話2時間SPは、白塗り顔モノマネで一躍アーティストともなった、くっきーさんこと川島邦裕さんの話題。

顔の白塗りを取れば、ガタイが良くて、こわもて表情のくっきーさんですが、数多くの後輩芸人さんからは、皆「(くっきーさんは)優しい」との声が。

かつて、二人の子供を持つ後輩芸人さんが、クリスマスのある日、「(お金が無くて)子供にクリスマスプレゼントも買ってあげられない」と話すと、当時はくっきーさんも貧乏であったはずだそうですが、お金を恵んでくれたそうです。


今は白塗り芸でブレークしたくっきーさんですが「(貧乏だった)若い時には自分のやりたいことしかやらなかった」と語っています。
だからこそ、本当に自分だけにしかわからない芸風だったのかも知れません。

そして「(人が笑ってくれるように)嫌なことも、やらなあかん」ということがわかったそうです。

ブレークの影には、くっきーさんの男気のある「優しさ」と、ひたむきな「真面目さ」があったようです。
今はお隣の台湾でも、くっきーランドとして、超人気のくっきーさんです。

ちなみに、ご両親いわく、くっきーさんは、小さいころから今でも「きんぴらごぼう」が大好きだそうです。

また、今夜、新たにくっきーさんファンが増えたことでしょう。

















nice!(2)  コメント(0) 

文化人、杉村太蔵のギャラ1番組100万円 [テレビ]

昨夜のダウンタウンDX(日テレ)に、杉村太蔵氏が出演されていたが、興味深かったのが出演者の住まいの風水ランキングだった。

最下位20位はお笑いのキンタローさんで「呪われている」レベルにあると評価されていた。吹き込まれて良かれと思って設置した水槽も、より陰のエネルギーを引き込んでいるそうで、番組中にすぐに撤去した。実際、寝室では金縛りや様々な恐ろしい声、4月9日に死ぬなどの恐怖体験をサラッと報告した。

一方、堂々の風水1位を獲得したのが杉村太蔵さん。現在は政治や投資を含めて、本人も認める「広くて薄い知識」で「講演」に引っ張りだこらしい。その講演料は1回およそ80万円らしい。

ところで番組中、杉村太蔵さんは文化人ギャラは、同じく出演している芸能人ギャラの10分の1程度らしいのだが...

「私(杉村太蔵さん)の(ダウンタウンDX)番組ギャラは1番組100万円です」
これに、会場は思わず「え~っ!?」

実はこれ、杉村太蔵さんのマーケティング調査らしい。

個人事務所を経営する杉村太蔵さんは、芸能人ギャラが「いくら?」であるのかがわからず、わざと「1番組100万円です」といった発言の応答が「え~!?」であれば、100万円はあり得ない金額か...。
30万円では「そうなんだ~」という会場や関係者の様子からおおよそのギャラを身をもって調査していると語った。

そうやって学んだ「相場」から番組に交渉したらしいのだが...「出演者ほど杉村太蔵さんは面白くないけど」というツッコミを受けて素直に反省の色を見せた杉村太蔵さんでした。















nice!(3)  コメント(0) 

菊谷さんを失った犬、わさお [テレビ]

今夜の「天才!志村どうぶつ園(日テレ)」はいつもと違った番組内容でした。そして「わさお」とは青森県に住む白い犬で、誰にも、なつくことが無かった迷い犬でした。

迷い犬の「わさお」の真実の過去を知る人間を、この地球上で知るのは難しいことかも知れません。

とあるブログから、日本テレビのとある番組で「ブサイク」なのに「可愛い」犬として取材を受けたのがきっかけで一躍有名になった「わさお」。

その「わさお」が唯一、心を開いたのが鰺ヶ沢町(あじがさわまち)でイカ店を営んでいた菊谷節子さんでした。

「ばあちゃんだよ」と自らを優しく語る菊谷節子さんは、あまガミの意味を知らずに、ただ人を噛んでいた「わさお」にたっぷりの愛情を与えました。かつて凶暴さを露わにした「わさお」は、菊谷さんが引き取らなければ、保健所で殺されてしまう運命だったでしょう。

菊谷節子さんの息子さんは「わさお」に足を噛まれて、1ヵ月も入院する大けがを負ってしまいました。
そんな「わさお」に、あまガミを教えるために、自らの腕を噛ませたのが菊谷節子さんでした。

菊谷節子さんの腕には痛々しいアザが残りましたが、わさおは菊谷さんの顔を舐めて、痛い腕を心配するまでに心を開きましたが、2017年11月、菊谷さんは入院先の病院で亡くなってしまいました。

菊谷さんを失った「わさお」は、最初は元気が無かったようですが、菊谷さんのご主人の「わさおは大丈夫(乗り越えらえた)」という呼びかけに反応するように「ガルル~」とうなって、気丈な顔を貫きました。

今宵の寒さは、身体にしんみりとした厳しさと、菊谷さんのあたたかな温もりの優しさを、心の底まで届けてくれました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">












nice!(3)  コメント(0) 

織田信成が推薦、 緊張でネタを忘れヒロシです [テレビ]

今夜の「しゃべくり007(日テレ)」は、フィギアスケートの村上佳菜子さんと、織田信成さんが登場しました。

織田信成さんは「お笑い」や「漫才」が好きだそうで、中でも最近は「ヒロシです」の動画にハマっているそうです。こんなに「ヒロシです」が面白かったかな?って、大きな笑顔で一押しだそうで、本当に最近のことらしいです。

そして、ゲストに呼ばれた「ヒロシ」さんでしたが、「いまどきヒロシが面白いって言える人はなかなかいないですよ」と、織田信成さんにツっこんでました。

そして「ヒロシです」の下りに入る…静かないつもの音楽が流れると...「ちょっと待って、イイですか?」と完全にネタを忘れたらしく…、
「緊張しちゃって」とこぼしました。これには、逆に笑ってしまいました(笑)。

ノブナリさんと、ヒロシさんは2人で自虐ネタを披露しあいました。

織田信成さんの
「♪ノブナリデス。
 プロのフィギアスケーターのなのに...
 スケートウマいんですねって言われたとです。
 泣けます。」
 (笑)

これには、
「俺よりウけるなよ!」とヒロシさんもツッコみました。(笑)
織田信成さんも「ありがとうございます」と爽やかな笑顔でした。


たまにテレビに顔を見せる「ヒロシです」。
素直に面白いです(笑)。














nice!(2)  コメント(0) 

全米の強盗完全犯罪がバレタ原因 [テレビ]

今夜のワールド犯罪ミステリー(TBS)では、全米で実際に起きた完全犯罪のはずだった、奇想天外の強盗犯罪の手口内容と、結局バレタ、その理由が紹介されました。

犯罪は換金所で起きた3人白人男性による強盗事件で、20万ドル(日本円でおよそ2200万円)が奪われました。その手口は換金所の従業員を尾行して、従業員の自宅の写真を撮影して、家族の命を引き換えに脅迫して、換金所を開けさせました。

そして防犯カメラに3人の顔が撮影されたまま、証拠隠滅の為、現場に漂白剤を撒き散らして逃走したのですが、半年以上も捕まることは無かったのです。

それは3人が白人男性のマスクを被っていた為で、3人は黒人だったのです。ところがネタがばれてしまった理由は、マスクをネット通販で購入していたそうですが、あまりのマスクの出来の良さに浮かれて「レビュー書き込み」をしたことで、「ものすごくリアル」で「ありがとう」と送った犯人のメールアドレスがバレタということでした。

ところでマスクの出来は本当に良くできていました。にゃんこスターのスーパー3助さんが被って変装したのですが、外見は全くの別人でした。でも悪いことはやめましょう。悪意の念から、必ずばれます。













http://www.ueno-panda-live.jp/ondemand.html
nice!(2)  コメント(0) 

防水で汚れない名刺LIMEX [テレビ]

今朝の「がっちりマンデー(TBS) 」から「新素材」としてLIMEX(ライメックス)が紹介されました。
東京、銀座に本社を構える「㈱TBM」の山崎社長は、番組スタッフに名刺を1枚渡すと「破って下さい」と申し出ました。

するとすぐに「え?あれ?」と番組スタッフの声。

手渡された名刺は「LIMEX(ライメックス)」という新素材で、紙でもなく、プラスチックでもないといいます。

調べてみると主原料は石灰石で、水にも強いそうです。

「他の応用製品は?」との番組スタッフの質問に、山崎社長は、飲食店の「メニュー表」を見せて、「これはヤバいです。」と、その上に「醤油」をかけて見せました。さっと拭くと、醤油は綺麗にふき取れました。これには番組スタッフも驚いた様子です。

山崎社長によれば、紙で印刷すると(パウチっこのように)ラミネート処理が必要ですが、LIMEX(ライメックス)で印刷すればラミネートは不要と豪語しました。

また、LIMEX(ライメックス)によって、結果的には紙やプラスチックよりも安価で、ラミネート処理の不要な印刷物が出来上がるのだそうで「がっちり」儲かっているらしいです。また、耐環境性にも優れているそうで、調べてみるとLIMEX素材を使用した「お花」のデリバリーサービスにも応用されていました。

LIMEXはグッドデザイン賞も受賞していて、安くて優れた面白い新素材です。

















nice!(2)  コメント(0) 

テレビ東京の出川哲郎さんが乗る充電式電動バイクはヤマハ製 [テレビ]

毎週土曜の夜放送の、出川哲郎さんの冠番組と言えば「出川哲朗の充電させてもらえませんか?(テレビ東)」です。ところで、この番組で使用されている電動バイクは「ヤマハ製」の「E-Vino(イー・ヴィーノ)」です。

「ヤマハ」と聞くと、音楽楽器の「YAMAHA」と、スクーターの「YAMAHA」が思い浮かびます。
その理由は、音楽事業の「ヤマハ㈱」と、エンジン製造に関わる「ヤマハ発動機㈱」の2社が存在するからだということに、納得しました。
(→参考URL

ヤマハ発動機㈱が販売している、オシャレデザインの電動バイク「E-Vino(イー・ヴィーノ)」に、スイカ色のヘルメットをかぶった出川哲郎さんがまたがると、何だか可愛らしい様子と、出川哲郎さんの人柄が重なって、誰もが笑顔になってしまいます。

ちなみに、電動バイク「E-Vino(イー・ヴィーノ)」は、 100V電源で約3時間のフル充電で、およそ29km走行するらしいです。スペアバッテリーを持てば、およその走行距離は、2倍の58kmだそうです。

車と違って、直接の風を感じる電動バイクでトコトコと出かけるのも、エコでのどかな感じで、なんだか温かい気がします。ちなみに「E-Vino(イー・ヴィーノ)」は電動バイクですが、原付バイクの運転免許が必要で、ご存知の通り、自動車の運転免許をお持ちであれば、原付免許が付帯していまので、どなたでも運転可能です。ただし、ヘルメットはお忘れなく。














nice!(3)  コメント(0) 

ハエ取り紙からカワイイmtマスキングテープで20億 [テレビ]

今朝のがっちりマンデー(TBS)は「あの会社は今」。

東京テレメッセージのかつてのポケベルは、120万人だった利用者数が、今ではたった1500人に。

ところが、この電波280Mhzを利用して、現在は年間19億円を売り上げる防災ラジオでがっちりだそうだ。
ちなみに280Mhzの周波数は、スマホの800Mhzよりも強く、どんなところでも届くという「マジック電波」だそうだ。

さて「ハエ取り紙」のカモイ加工紙㈱は、mtマスキングテープで年間20億円を売り上げているという。

そのブレイクのきっかけは、3人の一般女性からのオファーだったという。

3人の女性に共通したのが「マスキングテープ愛好家」だったそうで、
工場に来るなり当時のマスキングテープを見て、「カワイイ」を連発したそうだ。

そして「もっとカワイイのがあれば売れるのに」というオファーから今に至ったという。

ここで疑問なのが、なぜ「カモイ加工紙㈱にオファーが来たのか」なのだが...。

実は3人の女性は、他の企業にもラブコールを送っていたらしい。

だが、カモイ加工紙㈱だけがそれに「耳を傾けた」唯一の企業だったそうだ。

当然、当時のカモイ加工紙㈱では誰もが半信半疑だったそうだが、

「人の話は聞くもの」だという、タメになるお話だった。 













nice!(1)  コメント(0) 

オーストラリアのポルターガイスト道路に深夜潜入。 [テレビ]

今夜の「世界の何だコレ!?ミステリー(フジテレビ)」話題が興味深かった。

オーストラリアのシドニー空港を後にした番組スタッフは、
現地で噂される「ポルターガイスト道路」へ深夜に潜入取材を決行した。

現地では深夜から夜明けにかけて、
地元警察に不可解な通報が多いという。

「道の真ん中に白い女が立っているから危ない」といった具合だ。

また地元警察のホン巡査も「警察官なので言いたくはないが」と言い始めたのが、
「実は私も目撃した」という情報。

時速80kmで走るパトカーの横に白いゴーストを見たそうで、
「二度と見たくない」と語った。
また、その道路へは一人では行かないのがルールだそうだ。


一方、この「ポルターガイスト道路」で映画を撮影しようとしたビアンカさんは、
「そこはマジでヤバい」と語った。

1. 撮影機材が壊れる
 原因はわからないが、突然機材が壊れたり、機能しなくなったそうだ。

2. 車のブレーキが利かなくなる
 道路を走るスタッフを乗せた車のブレーキが利かなくなり、
 何度か森にツッコみそうになったという。

3. 白いゴーストを見たかなりの人数の番組スタッフが失神
 22年前にある事件があったという「ヤバイ橋」。
 この橋の真ん中にいたかなりのスタッフが「白いゴースト」を目撃し、
 失神したのだという。

驚くべきことに、今回、フジテレビの番組スタッフが、
現地へと深夜潜入し、ガチに深夜潜入調査を決行した。


片道2kmの道のりである、噂の道路を、深夜1時に何度も何度もドライブを行った。

当初何も起きなかった撮影初日の午前3時、
機材に不調が現れた。

1時間持つバッテリーが5分でダウン。
2時間収録できるカメラが9分で故障。
手持ちのカメラ4台のうち、計3台が原因不明でダウンした。

そしてこの日は終了した。

地元の女の子の情報で、
「路肩に車を停車、エンジンを止める、ケリーと呼ぶ」ことで、
白いゴーストが車の後部座席に現れるという。

二日目はこれを実行した。

現地では何もなかったかのようだったが、
帰国後の映像チェックでおかしな点が見つかった。

「ケリー」と呼んでしばらくして。

一瞬録画が途切れていた。
その後に車内が明るくなったかと思うと、暗くなったり、
明るくなったりする映像が映っていた。

気のせいか、私にはシートベルトが一瞬動いたかのように見えた。


また、道路上に何やら「白いモノ」もビデオに収められた。
もう一度戻った時には無くなっていた。


この道路は「スポーツクラブ」と「レンガの橋」に挟まれた2kmのコースで、
途中でのUターンは禁止されている道路。

また、近くにあるヤバいと言われる「バーベキュー場」も、
午前3時に潜入すると、女子トイレの電気が点灯したり、消灯したりを繰り返した。

トイレの入口は施錠され、午前6時から午後9時営業としか書かれていない。
翌日に管理者に聞くと「原因不明」という回答を得た。

「ヤバい橋」の「橋の真ん中」にもこのスタッフは仁王立ちした。

何も行らなかったようだが、
シドニーにいる霊能者の女性によれば、
その写真の中に、男が木の上から、フジテレビスタッフを見ているのが見えると語った。

いわゆる「科学で説明できない」現象が多く番組内で見られたが、
今のところ番組スタッフには異常は無いようだが、

「ヤバい」を口にしながらも、深夜の現地へ潜入した勇気だけは讃えたい。












nice!(2)  コメント(0)