So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ポールダンサー/日本一の絢香さんの悲しい過去 [芸術]

今夜の「1分間の深イイ話(日テレ)」にはバッキバッキの女たちと題されて、ムキムキ女性が多数登場しました。

そんな中、最近は女性に人気のポールダンスで、女性ダンサーの坂井絢香(さかいあやか)さんが登場しました。

絢香さんは、もともとは、バレエ出身で、テレビで目にしたロシア人女性の世界を舞台にポールダンスで優勝したダンスに魅了されたのがきっかけだそうで、この時に「ポールダンスを仕事にしたい」と決めたそうです。

そして、やるからには妥協しないようにと、わずか3年で日本一になったスゴイ女性です。

ところで、番組の中で、絢香さんの母親から「こんな風ではなかった」と、意味深な言葉が発せられました。実は絢香さんが小学生だった頃は、イジメにあっていたそうです。イジメを吹っ切るように夢中でバレエに没頭していたそうです。大人であろうと、子供であろうと、今の日本の悲しい現実が語られた瞬間でした。

でも今は、昼間はお弟子さんたちの指導や、自身のショーで大忙しで、自分自身の練習はいつも深夜だそうです。毎日の忙しさで、絢香さんが一層輝いているように見えました。今イジメで苦しんでいる子たちが、素敵な絢香さんが頑張る姿を目にしたとしたら、どんなに勇気をもらうことでしょう。自らの努力で鍛え抜かれた身体はとても美しいです。











nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ